ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
緊急: 中国で犬処分開始 意見を送ってください


中国が狂犬病対策としてみたび、犬の大量処分を開始したとのことです。
意見を送ってください。

過去の経緯など
http://www.all-creatures.org/ha/china/index.html


*** ここから IFAW HPより引用****

2009年9月9日 河北省秦皇島市が9月10日より、市内全域で犬の処分に乗り出します。登録やワクチン接種をしていない犬は、野良犬と一緒に殺処分されるとのことです。

*** 引用ここまで****
中国で殺された犬中国で殺された犬中国で殺された犬

2006年の狂犬病がない国は、日本、オーストラリア、アイスランド、アイルランド、ノルウェー、スェーデン、ニュージーランドのみで、他の国々では発生があります。中国以上に深刻な国でもこのような大虐殺の措置はとられていません。中国でもこのような大虐殺ではなく、別の方法を求めるよう、意見を送ってください。

署名をお願いします。署名ページへ 
署名の送り方(必須項目にはアスタリスクがついています。First Name (名前)、Last Name (名字)、 Address 1 (住所)、 City (市町村の名前)、Postcode(郵便番号) Country (日本の場 合はOtherを選びます)、Email address (メールアドレス)、Age Range(年齢) →  Sign Up for IFAW Action Alerts ですが、IFAWからのメール配信を希 望する場合に、チェックを入れます。→Send Now (署名を送る) をクリックで終了。)

・中国大使館へ意見を送ってください。意見送り先

(意見例:・病気や様子がおかしい犬に近づかないよう、人を教育する。 ・犬に狂犬病のワクチン接種および避妊手術を希望する人を募集。 ・噛まれた人への、噛まれた直後からの手当ての開始。 ・やむなく動物を殺す場合、国際標準に適合した安楽死への転換 ) 中国大使館:メール info@china-embassy.or.jp, Fax: 03-3403-3345, Tel: 03-3403-3388


ご協力お願いします。
http://www.all-creatures.org/ha/china/index.html

中国 犬殺害(犬撲滅) | 21:29 | - | -
★中国、犬撲殺が一時的に延期に!★
 中国で、犬撲殺が一時的に延期になったようです。でも中止ではありません。 引き続きご関心をお寄せください。


<続報>ペット犬数万頭、とりあえずは命拾い!「犬禁止令」、当面は実施延期―黒龍江省黒河市
2009年5月24日、

http://www.recordchina.co.jp/group/g31751.html

黒龍江省黒河市で23日から実施される予定だった「犬飼育禁止令」は、ペット愛好家などからの強烈な反対を受け、一時的に延期されることになった。東北新聞網が伝えた。

黒河市政府が5月20日に発表した禁止令では、「市内を含む指定地域で犬を飼うことを禁止する。23日以降に犬を発見した場合は捕獲し処分する。また、飼い主に対しては200元(約2770円)以下の罰金に処す」と規定していた。

発表直後から、ネット上ではペット愛好家など多くの市民が「動物虐待」の声を上げるなど大きな話題となり、事態の行方が全国から注目されていた。

こうした状況を受け、政府は23日、地元テレビ局を通じて「犬飼育禁止令を実施するか否かは各界の意見を広く聞いた後、改めて決定する」と発表し、実施を一時的に延期。また、犬を捕獲・処分するために組織された「犬バスターズ」も当面は解散することとなった。

実施延期の知らせを聞いた黒河市ペット連盟の代表者・周(ジョウ)さんは、「ネット上での反対活動の成果だ。何万頭もの犬の命がとりあえず守られた」と話した。しかし、周さんは「各界の意見を聞くというのが曲者」と指摘し、「犬を飼うことに反対する人の意見ばかりを集めるのでは」と政府の態度に疑いを示す。また、ある政府高官が犬にかまれたことが原因でこの禁止令が発令されたとのネット上のうわさに関し、周さんは黒河市紀律検査委員会の陳亜平(チェン・ヤーピン)書記の名前を挙げた上で、「ただし本人は認めていない」と語っており、禁止令の動向とともに、うわさの真相解明が注目されている。(翻訳・編集/HA)
2009-05-27 16:10:47 配信


最初の記事【ペット犬で衝撃通達!禁止地域内の全頭を殺処分に―黒竜
江省黒河市】

http://www.recordchina.co.jp/group/g31671.html


●●意見の送り先、過去の経緯●●
http://www.all-creatures.org/ha/HelpChinaEndDogKillingsPETA.html
中国 犬殺害(犬撲滅) | 21:09 | - | -
中国大使館へ意見を -  中国 犬の撲滅運動を展開

 中国でまた犬の撲滅運動が展開されているというニュースです。

中国大使館へ意見を送ってください。
メール 
info@china-embassy.or.jp

大使館各部門連絡先
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgjs/t62815.htm

Fax: 03-3403-3345
Tel: 03-3403-3388

HP http://www.china-embassy.or.jp/jpn/

過去、中国による犬の撲滅運動の際、メールがとどかなるということがおこりました。電話かけても、日本語がわからない女性がでて電話を切られる、ということも何度もありましたが、今のところ、出したメールはアドレスエラーでは戻ってきません。

中国関係各所へ事実の確認及び、意見を送ってください。

過去の中国による犬(およびネコ)を撲滅措置や経緯については下記をご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/HelpChinaEndDogKillingsPETA.html


見つけ次第撲殺! 突然の犬禁止令の背景は? 中国の地方都市
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/china/?1243223174

5月25日 9時54分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】中国の地方都市でこのほど、「市内を犬禁止区域と指定し、犬は見つけ次第撲殺する」との強烈な内容の「犬類管理規定」が発表され、犬を飼っている市民が強く反発している。

 この都市は中国の東北部にあり、ロシアと国境を接する黒竜江省の黒河市。古くから犬を飼う習慣があるため、これまでに観光客や小中学生が犬にかまれた事件は時折あったが、野犬はともかく、当局が「飼い犬」を問題視することはとくになかった。今回は何の前触れもなく「犬のない町」を目指すことを宣言、市政府の男性職員らで構成し、犬を撲殺する「打狗(狗は中国語で犬のこと)隊」は今月中にも市内でパトロールを開始するという。

 多くの市民は戸惑い、農村部に親戚(しんせき)がある家は慌てて犬を避難させるなど混乱した。ある年配の女性は「子供はみんな遠くへ出稼ぎに行ったので、唯一の家族の犬がいなければ生きていけない」と、規定撤廃を地元メディアに訴えている。

 インターネットの書き込みでは現地政府を「独裁者」「ナチス」などとする批判が殺到する一方、この規定が突然発表された背景について多くの憶測が寄せられた。「市が観光都市の認定を国に申請したためだ。犬を一掃すれば認可が下りやすくなる」という説のほか、「市の指導者が最近、川の近くで犬にかまれた個人的な恨みからだ」との未確認情報も寄せられた。

中国 犬殺害(犬撲滅) | 20:16 | - | -
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS