ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
中国の猫1000匹 食用になるところを救出される。

 中国の猫1000匹 食用になるところを救出される。2013. 1.15
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=303

猫1000匹が救われたニュースです。これ自体は喜ばしいことです。

中国では、犬や猫を食べたり殺したりすることについて、2000年ごろから中国市民により抗議行動などが行われるようになりました。

しかし一方、ここにきて、急速に発展している中国で、再び猫食がぶりかえしてきていることを示唆する記事です。

日本からもできることがあれば中国の動物保護運動を後押ししていきましょう。

中国の猫1000匹 食用になるところを救出される。2013. 1.15
食用の1000匹の猫を積んだトラックが事故で立ち往生し、食用になるところを救出されました。

長沙(湖南省の省都)の道で24時間立ち往生しました。
猫たちは治療のためクリニックへ運ばれました。

猫たちは、ぎゅうぎゅう詰めにされ、喉の渇き、飢えなどにあえいでいました。

猫たちは広東省のレストランで肉にされるところでした。24時間立ち往生している間に、猫たちを救おうと50人程の人たちが集まりました。

そしてエサやミルクがあたえられ、治療のため、 長沙の動物保護団体へ運ばれました。
24x36cmほどのケージに25匹がぎゅうぎゅう詰めに長い場合2か月間詰め込まれ、目的地のレストランに着く前に死ぬものも多くいます。

中国では年間4百万匹が食用に殺されています。
通常はレストランのオーナーに1匹あたり1ポンドで売られ、餌は1日1回与えられるます。

田舎に住む人たちが、副収入を得るために猫たちを育てており、そういう人たちから業者が買い取ります。

また、首には細長いナイロンの紐がつけられ、つながれて飼われています。

子猫を食べることは縁起が悪いと考えられており、猫が1歳以上になるまでは売らずに育て、仲介業者や市場へ売ります。
 
市場についてからも、メッシュネットやプラスチックバッグに入れられたまま食器棚に置かれ、何日も苦しみが続きます。


毎晩、ケージはレストランの外に出され、客は猫を選びます。シェフは猫の喉を切り裂いて殺します。

保護団体によると、最近また猫を食べることへの関心が広がっており、理由として最も発達している広東省の景気が上向きになっていることに関連しており、市民はお金を持ち、珍味を食べるお金ができてきた、猫を食べるのは、南東でポピュラーだが、現在、中国全土に広がっているようだ、と語りました。


中国の猫食については下記をご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/helpChina/helpChina.html

過去にも
中国、数百匹の猫、肉にされるところを救出される (2011.8)
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=238

犬も
中国、1100匹超える犬、肉にされるところを救出される(2012.1)
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=275





原文:
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2262662/Volunteers-save-1-000-cats-dining-table-discovering-cramped-cages-following-road-crash-Changsha-China.html


 

犬肉猫肉 | 20:53 | - | -
中国初の動物愛護法、犬肉・猫肉料理禁止へ (市民デモの写真)
 AFP news

 中国では昔から猫肉と犬肉を食べる習慣があるが、これが同国初の動物愛護法で禁止される可能性が出てきた。国営・重慶晩報(
Chongqing Evening News)が26日、伝えた。

写真はデモの写真。

中国の最近の動きは 中国犬猫肉のページに記載しております、詳細は下記ご覧ください。


http://www.all-creatures.org/ha/chugokuinunekosaru001.html

■最新news:  中国国内では犬肉、猫肉への反対運動が起こり、犬・猫を食べない人や、ベジタリアンが増えてきています。中国関連ニュースからでもそれが伺いしれます。

・活き猫水煮中止を!5000匹の動物虐待食に反対運動  2008.12.19 中国ニュース通信社

全文はこちら-->  2008年12月19日、北京晩報によると、5000匹の猫が江蘇省南京市から広東省広州市に送られ「活き猫の水煮」にされてしまうと同紙が16日に報じたところ、18日、北京市に住む猫愛好家50人が広東省駐北京事務所へ集まり、真摯に対応するよう求めた。

 

・食用猫 1000匹を守れ!愛護団体と業者のにらみ合い続く―浙江省嘉興市  2008.8.29 中国ニュース通信社

全文はこちら-->  嘉興市の物流センターで1000匹の猫を積んだトラックが、動物愛護団体「中国小動物保護協会」のスタッフによって広東行きを阻止されていた。近くでは警察官も見守っている。

 

・看板メニューは「活き猫の水煮」、悲鳴がこだまする広東の名物料理 - 客は寄り付かない  2008.3.26 中国ニュース通信社

全文はこちら-->  生きた猫をそのまま熱湯で煮込むその名も「水煮活猫」という広東の名物料理を出すレストランが、湖南省にお目見えした。だが厨房から聞こえてくる猫の悲鳴に恐れをなし、客はほとんど寄り付かないという。

 

・犬猫食はモラル違反!市民ボランティアが訴え―陝西省西安市  2008.1.27 中国ニュース通信社

全文はこちら-->  陝西省西安市では動物保護ボランティアの市民たちが雪の舞う中、犬猫の食用禁止を訴えるイベントを行った。動物に扮した市民が自ら檻に閉じ込められ、動物虐待防止を訴えた 。

 

・中国吉林省長春市 犬猫食根絶を訴えパフォーマンス  2007.9.29  中国ニュース通信社

全文はこちら-->   「ペット保護サイト(CCAPN)」と「アジア動物 保護基金会」が犬猫肉根絶を訴える動物愛護活動を共同で行った。パフォーマンスのほか、無料で市民に動物愛護の資料が 配布された。

・中国でベジタリアンが注目を集めだしている。 2007.6.19 searchina

全文はこちら-->  最も美しいベジタブルな女優、どっち?(1)「ダイ・ハード4.0」の主演女優で女優兼モデルのマギー・Qと、大Sの愛称で親しまれている台湾の女優兼歌手の徐熙媛(バービィー・スー)が、動物愛護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Aminals)主催の「最も魅力的な菜食主義者」アジア地区投票でデッドヒートを演じ、投票の行方が注目されている。結果は6月末に明らかになる。

   健康意識の高まりと外来文化の影響で、中国では都市部の若者などに菜食主義が注目されだした。

 

・犬肉を食べる中国人が急減  2006-05-07 Record China

全文はこちら-->   貴陽市では冬になると、犬肉を食べる習慣がある。しかし、2005年11月、あるカメラマンが貴陽市にある犬の屠殺場を撮影して、メディアで報道したところ、「残酷すぎる」などの批判の声が中国各地で相次いで起こっている。貴陽市の市民の中にも、この写真を見て、これから犬は食べないという人も出てきている。


犬肉猫肉 | 07:42 | - | -
中国で犬肉・猫肉の食用禁止へ―動物虐待禁止法案に盛り込む
 中国で犬肉・猫肉の食用禁止へ―動物虐待禁止法案に盛り込む


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100126-00000014-scn-cn

中国犬猫肉についての現状についてはヘルプアニマルズの中国犬猫肉のページをご覧ください。
(ご注意:残酷な写真がありますのでご了承の上ご覧ください)

http://www.all-creatures.org/ha/chugokuinunekosaru001.html


1月26日10時34分配信 サーチナ

 26日付重慶晩報によると、中国で起草が進められている反虐待動物法案(動物虐待禁止法案)が、犬と猫を食べることを禁止する条文を盛り込むことが分かった。犬・猫肉の販売も禁止される方向だ。

 同法案は、専門家による「意見稿」の作成がほぼ終わったという。法案全体の主旨は動物に不必要に苦痛を与えることの禁止で、野生動物、経済目的の家畜、ペット類に対する虐待禁止や医療や運送にかんする条文も盛り込まれる。

 個人が犬・猫肉を食べたり販売した場合には5000元(26日為替レートで約6万6000円)以下の罰金と15日以下の拘留刑が科せられる。会社組織などの場合、1万−50万元(約13万2000−660万000円)の罰金。

 専門家グループの首席メンバーとして「意見稿」起草作業に参加した中国社会科学院法律研究所の常紀文教授は「犬・猫肉の食用禁止が、国民に大きな影響をもたらすことはない」との見方を示した。「物質面で十分に豊かになり、犬・猫肉を食べる人は少なくなった」からという。

 カシミヤや羽毛関連の業界からは、「動物虐待禁止法が成立すれば、(動物愛護を理由に中国産を忌避する)貿易上の障害が、ひとつ取り除かれることになる」との声も出ている。

 一方、専門家の「意見稿」作成グループは一般市民から手紙や電子メール、電話による意見、約700件を受け取ったが、多くは同法制定に否定的だった。常教授によると「動物を大切にするより、まず人を大切にしろ」との意見が支配的だったという。(編集担当:如月隼人)

**********

◆解説◆
 同法制定により犬・猫肉の食用が禁止された場合でも、社会全体に対してどの程度実効性があるかは不明。犬・猫を多く食べるのは中国南部。北部に多い朝鮮族も犬肉を食べる食習慣がある。

 中国では「法治国家の樹立」をかけ声に、1980年代ごろから法律や行政関係のルール整備が盛んに行われてきた。しかし、欧米先進国の例を導入したため、中国の現状・水準では順守が難しいケースも多かった。

 そのような場合、「目に余る」事例だけが厳しい処分・処罰の対象になることが一般的。「ルールの現実的運用」ともいえるが、ルールそのものの権威が上がらず、「お上とよい関係を作れば、お目こぼしにあずかれる」との考えが強まったことで、賄賂(わいろ)が横行する一因にもなった。
犬肉猫肉 | 18:55 | - | -
中国 猫800匹 猫肉にされるところを救出される


CFTさんからの情報です。

中国北部の天津市で800匹の猫が食肉のために広東省に輸送されるところを、警察と協力して地元の動物保護活動家が猫たちを引き取ることに成功しました。

猫たちは飼い主から盗まれたか野良猫がほとんどで、その猫を輸送しようとしていた小売店が購入のレシートを警察に提出出来なかったためです。警察は活動家たちに猫たちを手当する場所を提供しました。

犬肉、猫肉に関して中国はここ数年 大きな変化を見せています。下記をご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/chugokuinunekosaru001.html



Pet lovers save 800 cats from dinner table in N China's Tianjin 

http://news.xinhuanet.com/english/2009-11/25/content_12535829.htm
 
www.chinaview.cn  2009-11-25 10:25:54     

    BEIJING, Nov. 25 (Xinhua) -- More than 800 cats, locked up in rows of iron cages in a store in northern China's Tianjin municipality, would have been transported to Guangzhou, Guangdong province, and slaughtered had it not been for about 30 residents who rallied for nearly 24 hours, negotiating with the trader and police, to free the animals Tuesday.

    Pet lovers and animal welfare volunteers started pouring into a neighborhood in Hongqiao district of the municipality, 120 km from Beijing, minutes after photographs of the caged cats were flashed on the Internet on Monday night, according to Wednesday's China Daily.

    The trader said the cats, which he bought for 10 yuan apiece, were to be sent to Guangzhou, slaughtered and served as food at restaurants in South China.

    Li Na, a saleswoman by profession, who was present at the spot, said the cats were either picked up from the streets or stolen from their owners.

    Li was among dozens of local residents who spent the night outside the "flower and birds store" to ensure the cats were not sneaked away behind their backs. Residents said the store, which has a license to sell flowers, birds, fish and worms, had been trading cats for the last six months.

    Qin Xiaona, chief of the Beijing-based Capital Animal Welfare Association, who rushed to Tianjin as word spread, alleged it was obvious most of the cats were stolen.

    "The police told us that the trader bought the cats. But the trader was unable to provide receipts to prove any of the 800 purchases," Qin said. Qin said the cats were suffocating in the cages and many of them would have died on the way to Guangzhou.

    It took Li, Qin and their likes 24 hours to convince the trader to free the cats after intervention from the police last night. Police have given the volunteers a room in a nearby school to house the cats, many of which are in need of urgent medical care, Qin said.

    "Even though I was happy when the trader agreed to release the cats, I was simply disgusted when he asked for money in return for the animals' lives," Li said.

    He Yong, a representative of the International Fund of Animal Welfare, said the incident was only the "tip of an iceberg".

    China has no laws prohibiting the trading of cats, resulting in large-scale theft of the animals, which reportedly get eaten.

    "The chain of the cat trade is really long," He said.
 
 
Editor: Han Jingjing 

犬肉猫肉 | 20:20 | - | -
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS