ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ウクライナの犬殺害が一時的にストップ。引き続き殺さないように意見を送ってください。

 (転載歓迎ですが、URLも一緒にお願いします)

■ウクライナ: 野良犬の虐殺を一時的にストップしました。
一時的な中止については文末をご覧ください。
一時的な措置ではなく、続けるようウクライナ大使館へ意見を送ってください。

http://helpanimals.jugem.jp/?eid=264


■意見送り先:

在ウクライナ日本大使館 (日本語OK)
jpembua7f@svitonline.com
http://www.ua.emb-japan.go.jp/jpn/index.html

在日ウクライナ大使館 (日本語OK)
ukrembassy@trad.ocn.ne.jp
ukrcn@rose.ocn.ne.jp
http://www.mfa.gov.ua/japan/en/12165.htm

 

■ブラジルの捨て犬猫 − ほかの国のこんな話

昨年もブラジルの南部に捨て犬捨て猫のスラム街があるとロイターが報じました。
ロイター記事によると、ブラジルにはファベーラとよばれるスラムが多くありますが、カシアス・ド・スルには捨てられて犬猫を保護する動物愛護団体SoAmaがあります。1600匹を保護するこの団体は、シェルター建設の資金がなく、小さな犬小屋を並べた場所になっています。ここには猫も200匹保護しています。最大の問題は資金源です。



ネットでSoAma検索すると、おそらく下記がHPです。
スペイン語ですが、読める方はぜひ。
募金もできるようです。
http://www.soama.org.br/

一方、英語の記事もあり、1600匹の犬小屋写真も見れますが、団体の名前がAmiga dos Animais になっています。SoAmaとこの団体の関係が今ひとつわかりません。
http://www.time.com/time/photogallery/0,29307,1991134,00.html

 

■ウクライナの記事:

ウクライナ、ユーロ2012大会の前に野良犬の殺害を中止するを発表
環境省が市長たちにシェルター建設を要請。



2011年11月17日 APキエフの記事によると、ウクライナは海外からの批判を受け、ユーロ2012が始まる前に野良犬の殺処分を中止することを決めました。

環境省は11/17、ウクライナ市長にシェルター建設を要請したとのことです。

ウクライナでは、来年6月に開かれる大会の前に街から野良犬を一掃しようと、ここ何年もの間、野良犬が毒殺や違法な薬物の投与で殺されており、国内外の動物保護団体から批判されてきていました。

(ヘルプアニマルズ注:犬だけでなく、猫も過去数年の間殺されてきており、キエフではデモなども行われており、キエフ市内では反対デモも行われていましたが、殺処分が中止になることは今までありませんでした。すでに膨大な数の犬猫が殺されています。)


11月16日、ウクライナ環境庁は、全ての市長に対し、半年間殺処分をやめ、シェルターを建設するよう要請したと発表しました。

この声明は、ウクライナ犬殺害に対してキャンペーンをずっと行っていたイギリスの団体 Naturewatchの代表との会議のあとで発表され、Naturewatchは、この決定を歓迎しています。

しかし、法律で禁止されるのかなど不透明な部分もあります。
ウクライナには膨大な数の野良犬がいて、これらの犬用のシェルター建設には何か月もかかるとみられています。

環境庁のスポークスマンは、政府は法的にこれを管理し、シェルター建設に従わない市長は罰することになるだろうと発言しています。

また、シェルター建設のための資金援助や、シェルターに入れられない動物は、避妊去勢しリリースするだろうとも発言しています。

しかしこの発表は、ユーロ2012前の非難をかわすための半年間の一時的な措置のようで、この大会が終わったあとどうするのか不透明な部分が残っています。

原文:(英語)
http://www.guardian.co.uk/world/2011/nov/17/euro2012-ukraine-stops-killing-stray-dogs?newsfeed=true


■前に書いたブログ記事:
ウクライナに意見を:
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=251

 

| 20:43 | - | -
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS