ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「人工肉」が食料危機を救う、米科学者が研究に没頭

こんなニュースを見ました。
いわゆる、テンペなどの擬似肉ではなく、お肉そっくりの人工肉なのでしょうか。

見てみたい。

もし本当に完成したら、すごい。
そしたら、畜産なくなって、森も破壊されないし、CO2も増えないし、地球に優しい製品になります。

ベジタリアンの人は買わないだろうけど、健康を気にしてる人、カロリーを気にしてる人、ベジタリアンではないけど、エコにも少し貢献したい人にははやるかもしれないですね。


「人工肉」が食料危機を救う、米科学者が研究に没頭
ロイター 2月1日(火)12時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110201-00000143-reu-int

 [チャールストン(米サウスカロライナ州) 31日 ロイター] 将来、食卓に「人工肉」がのぼる日が来るかもしれない。米サウスカロライナ医科大学のウラジミール・ミロノフ博士が10年来、人工的に肉を培養する研究を続けている。

 発生生物学者で再生医療に携わるミノロフ博士の構想によると、生体工学的に作られる人工肉はフットボール場くらいの大きさの建物の中で製造される。そこで作られた人工肉は「charlem=Charleston engineered meat(チャールストン組み換え肉)」と名付ける予定だという。

 問題は、資金不足と人工的な食べ物に対する人々の嫌悪感。ミノロフ博士のもとで研究を行っているニコラス・ジェノべーゼさんは「人は食べ物とテクノロジーを結び付けることを嫌うが、自然だと思われているがそうではない食べ物が世の中にはあふれている」と語った。

 また、ミノロフ博士は人工肉が、食用家畜の飼育地減少の結果として起こる世界的な食料危機を救うだけでなく、宇宙で食料を生産する際にも役立つだろうと述べた。

 

ベジタリアニズム | 19:11 | - | -
台湾人気女優バービー・スーは、ベジタリアン!


動物好きっていう方も、お肉は普通に食べてたりします。


いろんな国で、肉にされ食べられている、牛や豚や馬やうさぎや犬や猫や他のものは、”動物好き”の動物の範疇ではなく、お肉なんでしょうか。

彼らは殺される前、私たちと同じように、息をし、空気を感じて生きていました。


動物の苦しみがわかればベジタリアンも増えてくるような気がします。



人気のある女優さんが、こういうことをやってくれるのはうれしいですね。


 「私は菜食主義」台湾の女優が動物愛護訴え

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100130/tnr1001300945006-n1.htm

台湾の女優でポップスターでもある「大S」の愛称で人気のバービー・スー(徐煕媛)さんが国際動物愛護団体である「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」のポスターに登場。「私は菜食主義者」(台湾語で我是素食主義者)として動物の愛護を訴えている。ポスターで着用しているTシャツには「豆腐で元気を」と書かれており、健康食品として注目の豆腐によるトーフブームが再燃する可能性も。(APなど)

 

ベジタリアニズム | 22:39 | - | -
感謝祭恒例 オバマ大統領、七面鳥に恩赦 11月26日

特定の動物を殺していいとしていることに多くの人が何かを感じてほしい。
七面鳥も、豚も牛も鶏も、犬や猫そして私たちと変わらず生きていたいと思う、生き物であるということを。



 感謝祭恒例 オバマ大統領、七面鳥に恩赦 11月26日
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20091126/20091126-00000026-nnn-int.html 

アメリカのホワイトハウスで25日、感謝祭(26日)を前に、毎年恒例の「恩赦」が発表された。

 オバマ大統領から恩赦を与えられたのは、七面鳥の「カレッジ(勇気)」。アメリカでは感謝祭に七面鳥を食べる習慣があるが、カレッジは恩赦を受けたことで、一生、食卓に上がることなく余生を過ごせることになった。

 来週、アフガニスタン新戦略の発表や医療保険制度改革の上院での審議を控えるオバマ大統領にとって、感謝祭はつかの間の休日となりそうだ。


 

ベジタリアニズム | 20:16 | - | -
ベルギーのヘント市、9月から毎週木曜を「肉を食べない日」に

ベルギーのヘント市、9月から毎週木曜を「肉を食べない日」に

  【ヘルプアニマルズ注: このニュースですが、海外メディア、web-tab、畜産ネットでは今年5月より記事になっておりましたが、先日の09/01  NHK総合 「おはよう日本」の中で、「ベルギーの第三の都市。温暖化対策の  ために毎週木曜日は肉を食べずに野菜を食べる取り組みをしていると  のこと」ということで紹介されたようです。】


Web-Tabの記事
http://www.web-tab.jp/article/6945/


今年5月の畜産ネット
http://chikusan.net/modules/train_news/index.php?page=article&storyid=12484

9/1のTV紹介
http://74.125.153.132/search?q=cache:SVq6d5vZwwwJ:www.tvais.jp/html/2009_09_01/ep_259503/+%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%80%80%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E8%82%89%E3%80%80%E9%87%8E%E8%8F%9C&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

 

 ベルギーのヘント(ゲント)市では畜産が環境に及ぼす悪影響を緩和するため、「肉を食べない日」を週1回設けることを決定した。英紙デーリー・メール(電子版)が伝えた。

 国連食糧農業機関(FAO)の2006年の報告書によると、地球の温室効果ガスの18%は畜産を通じて排出されているという。

 ヘント市当局はこれを受け、9月以降の毎週木曜日を「肉を食べない日」に定めることを決定。同国のベジタリアン団体「Ethical Vegetarian Alternative(EVA)」の協力を得て、まずは公務員や学校給食を対象に実施する予定になっている。
 
 14日には市内の果物市場で「肉を食べない日」関連のイベントが開催された。イベントではベジタリアン食品の無料配布や調理法のデモンストレーションが行われたほか、健康的な食生活に関する情報も提供。また市内にあるベジタリアン料理店の位置を示す地図9万枚を配るなどして、「肉を食べない日」への参加を市民にも促すという。

 ある市議会議員は「ベジタリアン料理は環境への負荷が少ない上、とても健康的です。この地方の人々は肉類を食べ過ぎる傾向がありますが、それではがんや糖尿病、肥満などのリスクが高まるばかりです」と肉を食べない生活を推奨している。

 EVAによると、ベルギー国内ではヘント市の例にならうことを検討している自治体が少なくないという。

(c)Web-Tab


過去関連記事
Where's the Beef? Ghent Goes Vegetarian
http://www.time.com/time/world/article/0,8599,1900958,00.html

Thursday Is Veggiedag in Ghent, Belgium
http://voices.washingtonpost.com/mighty-appetite/2009/05/thursday_is_veggiedag_in_ghent.html

Weekly meatless day official in Belgium
http://www.vegetarisme.be/index.php?option=com_content&view=article&id=765

 

ベジタリアニズム | 12:20 | - | -
映画 未来の食卓

映画のご紹介です。

未来の食卓

全ての学校給食を自然の味(オーガニック)にしようと、南フランスの小さな村が立ち上がった。

南フランスで起きたドキュメンタリー映画「未来の食卓」
http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

8月8日、シネスイッチ銀座、渋谷アップリンクにてロードショー。


ベジタリアニズム | 09:53 | - | -
ベルギーのヘント市、9月から毎週木曜を「肉を食べない日」に

 ベルギーのヘント市、9月から毎週木曜を「肉を食べない日」に

http://www.web-tab.jp/article/6945/

 ベルギーのヘント(ゲント)市では畜産が環境に及ぼす悪影響を緩和するため、「肉を食べない日」を週1回設けることを決定した。英紙デーリー・メール(電子版)が伝えた。

 国連食糧農業機関(FAO)の2006年の報告書によると、地球の温室効果ガスの18%は畜産を通じて排出されているという。

 ヘント市当局はこれを受け、9月以降の毎週木曜日を「肉を食べない日」に定めることを決定。同国のベジタリアン団体「Ethical Vegetarian Alternative(EVA)」の協力を得て、まずは公務員や学校給食を対象に実施する予定になっている。
 
 14日には市内の果物市場で「肉を食べない日」関連のイベントが開催された。イベントではベジタリアン食品の無料配布や調理法のデモンストレーションが行われたほか、健康的な食生活に関する情報も提供。また市内にあるベジタリアン料理店の位置を示す地図9万枚を配るなどして、「肉を食べない日」への参加を市民にも促すという。

 ある市議会議員は「ベジタリアン料理は環境への負荷が少ない上、とても健康的です。この地方の人々は肉類を食べ過ぎる傾向がありますが、それではがんや糖尿病、肥満などのリスクが高まるばかりです」と肉を食べない生活を推奨している。

 EVAによると、ベルギー国内ではヘント市の例にならうことを検討している自治体が少なくないという。

(c)Web-Tab


ベジタリアニズム | 19:00 | - | -
肉を食べない、自転車を利用する、余計なものは買わない - 温暖化防止にライフスタイルの変革を、IPCC議長
【1月22日 AFP】肉を食べない、自転車を利用する、余計なものは買わない−。国連(UN)の気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)のラジェンドラ・パチャウリ(Rajendra Pachauri)議長は15日、地球温暖化防止のために個人ができることについて、このようにパリ(Paris)で開かれた記者会見で述べた。

 自身はベジタリアンの同議長は「肉の消費量を減らしてほしい。肉は二酸化炭素(CO2)を大量に排出する商品だ」と述べた。

 研究によると、1キロの肉を生産するには36.4キロのCO2が排出されることが分かっている。さらに、同量の肉の輸送には100ワットの電球を3週間近く点灯するのに相当するエネルギーが必要だという。

■レンタル自転車制度は「すばらしい進歩」

 個人でできる地球温暖化防止策を列挙しながら、同議長はパリなどフランスの都市で実施されているレンタル自転車システムについて「すばらしい進歩」だと称賛した。

 そのほかに役立つライフスタイルの変更として、「手に入るからという理由だけで」ものを買わずに、本当に必要なものだけを買うことを挙げた。

「人類が何もしなければ、気候変動は深刻な影響をもたらし、未来像は非常に恐ろしいものとなるだろう」と同議長は警鐘を鳴らした。

■今後の米国に期待

 一方で、前年12月にインドネシアのバリ(Bali)島で開催された国連の国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第13回締約国会議(COP13)での成果や米新政権の見通しに勇気づけられているとも述べた。

 バリ会議では、人間活動によって排出されるCO2など気候変動に拍車を掛ける排ガスの削減方法について、世界的合意の枠組みが設定された。

 工業国で唯一京都議定書(Kyoto Protocol)を批准していない米国についても、新政権の下で、いかなる新たな合意についても米国が「核となる署名国」になることを期待していると述べた。

「米国で起きている政治的変化を考慮すると、このようなことが起こるチャンスは数か月前よりずっと高いだろう」と語った。(c)AFP

写真:2007年12月15日、インドのニューデリー(New Delhi)で、同国産業連盟主催の式典で祝辞を述べる国連の気候変動に関する政府間パネルのラジェンドラ・パチャウリ議長。(c)AFP/Manpreet ROMANA


記事はこちら。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2338365/2536120

ラジェンドラ・パチャウリ(Rajendra Pachauri)議長

ベジタリアニズム | 19:15 | - | -
マギー・Q インタビュー 動物の権利を語る
マギー・Q インタビュー 動物の権利を語る

『ミッション・インポッシブル3』や『ダイ・ハード4.0』に出演しているマギー・Qは、アニマルライツ活動家であり、また、欧米で有名な動物の権利シリーズ動画アースリングを共同プロヂュースした人です。

マギー・Qのインタビュー。3つのパートにわかれており、2つめの動画が、動物の権利というタイトルのものです。PETAの話も出てきます。

1.マギーQ  (Tom Cruise, Bruce Willis, Jackie Chan.)、PETAのことなどがでてきます。
2 : 動物の権利  ("アースリングー"のこと、ベジタリアニズム、犬、シェルター訪問の様子.)
3 ハワイのこと、その他.

英語の分かる方は見てみてください。

http://www.all-creatures.org/ha/celeb.html

ベジタリアニズム | 22:32 | - | trackbacks(0)
東京ベジタリアンフェスティバル
今月は東京ベジタリアンウィークフェスティバルが行なわれています。
29、30は東京は代々木公園でベジ屋台、ベジ食材などが並んでいました。
ベジタリアンの方なら楽しめるはず。ぜひ足を運んでみてください。

公式サイト
http://www.tokyovwf.com/










ベジタリアニズム | 23:18 | comments(0) | trackbacks(1)
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS