ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< 『ザ・コーヴ』東京でイベント上映決行!日の丸掲げ抗議する人も!満席で観客あふれる | main | 殺される野生動物たち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
日本の元捕鯨船員がTV番組で告白?!  「船員は1人当り500〜600圓侶瀑盗む」

 「船員は1人当り500〜600圓侶瀑盗む」と告白している人がいるとのニュースです。


捕鯨が国をあげての産業だからとしても、だからといって、なんでもありということではなくて、きちんと司法で対処してほしいです。

『捕鯨とは正に乱獲の一語に尽きるもの』 この言葉は、捕鯨の道で生きてきたその近藤勲氏が書いた『日本沿岸捕鯨の興亡』の中にある言葉です。

警察や司法のかたがたにも手にとって読んでいただきたいです。

『日本の捕鯨が、ノルウェー式沿岸捕鯨業へと移り変わる中で、わずか420年の間に、日本沿岸のクジラ資源をこれほど完慮無きまでに枯渇させた』

著者は、旧日本捕鯨株式会社取締役、鮎川事業所長、兼稚内事業所長、兼太地事業所長を務め、ひたすら捕鯨界に生きた近藤勲氏による著書『日本沿岸捕鯨の興亡』 山洋社の中で書かれている言葉です。この本では、捕鯨会社による不正工作、隠蔽工作について具体的にかかれています。






日本の元捕鯨船員がTV番組で告白?!  http://news.jams.tv/jlog/view/id-7085

2010年06月08日 08時 26分 生活


【キャンベラ8日AAP】   8日放送のABC局の番組「Foreign Correspondent」で、元捕鯨船員という日本人2人が、捕獲されたクジラの肉が日本到着後、いかにして取り扱われているかを、通訳を介して「内部告発」しているという形で放送された。

先週、オーストラリア政府は、日本の捕鯨活動に対して国際司法裁判所に提訴したばかり。


1人は自らを「Mr.Whale」と呼ぶ男性で、日本の捕鯨活動母船「日新丸」の元乗組員としている。この男性は「船が日本の港に着くと運搬用トラックが待ち構えているんだ。そして、乗組員1人当たり500?600キロの鯨肉を盗んで、段ボール箱に梱包して持ち去るのさ」と話した。


また、捕鯨活動歴30年という別の男性は「毎日、コンテナの温度を確認するんだが、ある日、日本鯨類研究所のスタッフが来て、何かを梱包しているのを見かけたんだ。“何をしてるんだ”と叫んだら、慌ててそれを隠したんだ が・・・クジラの尾の部分の赤肉だった。最上級の部分だよ」と語った。


 

 

くじら | 20:22 | - | -
スポンサーサイト
- | 20:22 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS