ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< 2011年1月21日 来日中のスティング(左)とリック・オバリー-イルカについて語る | main | 動物実験、毛皮、イルカ猟のページをリニューアルしました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「人工肉」が食料危機を救う、米科学者が研究に没頭

こんなニュースを見ました。
いわゆる、テンペなどの擬似肉ではなく、お肉そっくりの人工肉なのでしょうか。

見てみたい。

もし本当に完成したら、すごい。
そしたら、畜産なくなって、森も破壊されないし、CO2も増えないし、地球に優しい製品になります。

ベジタリアンの人は買わないだろうけど、健康を気にしてる人、カロリーを気にしてる人、ベジタリアンではないけど、エコにも少し貢献したい人にははやるかもしれないですね。


「人工肉」が食料危機を救う、米科学者が研究に没頭
ロイター 2月1日(火)12時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110201-00000143-reu-int

 [チャールストン(米サウスカロライナ州) 31日 ロイター] 将来、食卓に「人工肉」がのぼる日が来るかもしれない。米サウスカロライナ医科大学のウラジミール・ミロノフ博士が10年来、人工的に肉を培養する研究を続けている。

 発生生物学者で再生医療に携わるミノロフ博士の構想によると、生体工学的に作られる人工肉はフットボール場くらいの大きさの建物の中で製造される。そこで作られた人工肉は「charlem=Charleston engineered meat(チャールストン組み換え肉)」と名付ける予定だという。

 問題は、資金不足と人工的な食べ物に対する人々の嫌悪感。ミノロフ博士のもとで研究を行っているニコラス・ジェノべーゼさんは「人は食べ物とテクノロジーを結び付けることを嫌うが、自然だと思われているがそうではない食べ物が世の中にはあふれている」と語った。

 また、ミノロフ博士は人工肉が、食用家畜の飼育地減少の結果として起こる世界的な食料危機を救うだけでなく、宇宙で食料を生産する際にも役立つだろうと述べた。

 

ベジタリアニズム | 19:11 | - | -
スポンサーサイト
- | 19:11 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS