ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< 中国:生きたまま毛皮を剥ぐ行為は現在も行われている事実です。 | main | 韓国のTV番組が中国の毛皮農場を取材- 現在も生きたまま毛皮をはいでいる事実を報道 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
動物にやさしい道路を

カエルのために、サッカースタジアムで利用する道路を一部閉鎖すると
いうニュースをみました。

日本では考えられない。

さすが動物福祉が進んでいるドイツです。

でも日本でも同じ発想で作られている道路があります。

沖縄の西表にあるエコロード。

野生動物のためにいくつも工夫がされています。

動物をひかないため、西表島を走る車は最高速度40kmを守らなくて
はならず、もういたるところに制限速度40kmの横断幕があります。

それでも多くの動物がひかれて死んでしまいます。

大都市ならどれほど多くの動物がしんでいるのか統計がないのでわかり
ません。

こういう場所が日本のあちらこちら、そして大都市でも作られるといい
ですね。

機会があれば、国土交通省とか政治家の方にお願いしたりメールしたり
してみてください。


カエルの移動に配慮、独サッカー場の周辺道路一部閉鎖へ


 [ベルリン 18日 ロイター] サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガで矢野貴章が所属するフライブルクのサポーターは19日の試合後、ヒキガエルの大移動によって迂回(うかい)を余儀なくされることになりそうだ。

 クラブはウェブサイト上で18日、長い列を成して大移動するカエルに道をあけるため、サポーターがスタジアムを出る際に使用する道路の一つを閉鎖すると発表した。

 「環境活動に積極的なクラブとしてフライブルクは、カエルの移動に配慮する」として、サポーターらに理解を求めた。

 フライブルクは19日、長谷部誠が所属するウォルフスブルクと対戦する

記事はこちら。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110219-00000286-reu-int



そしてカエルのニュースが今日はもうひとつ。
内臓・血管丸見え カエル「スケルピョン」の量産に成功 というものです。

同じカエルの話題でもこっちは動物実験関係かと暗い気持ちでニュースをみると、
「殺さずに済むような実験動物を誕生させられないか」と、2000年ごろに住田さんが発案」
と書かれていました。

動物が殺されないこと自体は歓迎なのだけど、なんだか複雑な気持ちにさせられるニュースでした。

スケルピョンのニュースはこちら。
http://www.asahi.com/science/update/0221/OSK201102210058.html


写真をクリックすると大きな画像になります。






野生生物 | 21:15 | - | -
スポンサーサイト
- | 21:15 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS