ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< ●オーストリア 動物の権利の活動家に無罪。 | main | クジラのセシウム137の量31 WHO基準の3倍  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
NHKへ意見を! NHKスペシャル クジラと生きる

NHKへ意見を! NHKスペシャル クジラと生きる
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=227

5/22 NHKスペシャル クジラと生きるが報道されました。


初めに:
マスコミ言うところの”クジラ漁”(イルカ猟・イルカ漁)については下記もご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/saveWhaleDolphin.html

 番組を見た番組の問題点(感想)です。

★最初からできあがっているストーリー★

・一見 中立っぽいけれども 作る前からストーリーができていると感じました。

・イルカに基準値を超える量含まれている水銀などについて問題提起している日本の団体のことには一切ふれていませんでした。

・イルカが長く苦しんでいる映像は クジラ漁の映像を撮影され という言い方になっており 映像もはっきりとうつしていませんでした。

反捕鯨団体は映像を撮影し公開しました。映像には水産 庁の公式の意見「人道的な殺し方」と異なる、長い時間 みだえ苦しみながら死にいたるイルカが映し出されていました。

「脊髄を切断して殺すのがもっとも早く殺せるのですが、流血を避けるために、細長い棒のようなもので、何度も脊髄を突 いて、脊髄を切断させようとしています。そのため、逆に殺す時間がかかり、長いものでは十分以上かかっているということです。





★変えられた言葉使い★
以前でさえ動物保護団体が使っているイルカ”猟”という単語ではなく”イルカ漁”という単語でしたが、イルカ漁という言葉自体を使わなくなりました。

NHKだけでないですがここ1年ほどでイルカ漁という言い方をやめ、クジラ漁という単語を使って報道されることが多くなったのは どういう力学によるのでしょう。


・反捕鯨団体しかも過激だといわれている団体であるシーシェファードvs 文化の捕鯨を続ける漁師さんたち という番組の構図・ストーリー展開と番組の閉め方が妙にひっかかりました。


★一方だけへのインタビュー★

インタビューはすべて漁師さんサイド。反捕鯨団体の妨害や悪言をはな
っている様子は撮影しても何が本当に問題はインタビューもなく、報道
されていない。

そしてザ・コーブの中でいわれている太地でイルカ猟を行っている漁師さんはわずか20名ほどであとの漁師さんはかかわっていない。IWCで日本がなんといわれているのかなどについては触れられていない。

・日本の団体で現地で直接妨害をする人はいない。だからといってイルカ漁に反対している団体がないわけではありません。そういう日本で日本人により行われた署名活動や抗議行動の紹介がインタビューはさておき紹介さえ一切ない。まるで日本国内では抗議や反対する団体や問題視している人がいないような印象を与える。


イルカ漁を行っている街が、日本vs海外の過激な反捕鯨団体という構図をつくり 愛国心をあおり、日本の中での反対運動を報道してほしくないと考えているのではないか、」そしてマスコミもそのように報道しているように思います。


★報道されない日本人による抗議運動★

日本でもそして現地から問題を提起している人たちもいます。

美熊野政経塾
http://park.geocities.yahoo.co.jp/gl/mikumanoseikeijuku


(太地ではありませんが)富戸でのイルカ漁反対署名は日本人が集めて提出しました。
http://www.shomei.tv/project-1595.html


そして最後はお決まりの 牛や豚も という言葉での締めくくり。

人は誰でも殺す現場を見て気持ちのいい人はいません。
殺す人たちが一番知っています。

それでも それは”仕方のないこと”なんだ。と教えられて育てられました。

でも映像をみて、仕方がないと思えるかそうでないかは いろいろな情報を平等に得て 一人ひとりが考えるべきことです。

仕方がなくない、これはやっちゃいけないんだ、と 本能が感じたとき、”仕方がないんだよね”っていう以外のやめるべきだ、食べないという選択肢もありなんだということを知ってほしい。

マスコミ言うところの”クジラ漁”(イルカ猟・イルカ漁)については下記もご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/saveWhaleDolphin.html

●NHKへ 感想・お問い合わせをクリックして意見を送ってください。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110522.html


 

イルカ | 23:59 | - | -
スポンサーサイト
- | 23:59 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS