ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< Great News: イギリスのフェリー会社 P&O Ferries 実験動物の輸送を禁止 | main | 20キロ圏内「サンクチュアリと未来のエネルギー構想」についての新たな提案 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
”ファームサンクチュアリ構想”について 考えて応援や批判(前向きな提 案)意見を送りましょう。

”ファームサンクチュアリ構想”について 考えて応援や批判(前向きな提案)意見を送りましょう。
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=232


福島原発20km圏内警戒区域に残された家畜などの救済を目指して、動き始めた”ファームサンクチュアリ”。

しかしここにきて、家畜保護構想の主旨の文言に、”学術研究”の文字が出てきました。これは主に動物を対象として使われる場合、動物実験を意味します。

本当に動物のためのサンクチュアリを2箇所訪問したことがある私にとって、今の計画はサンクチュアリ構想とはよべません。要望書にも書かれているように 被爆動物研究施設計画というような呼び方のほうが的をえていると思います。

この学術研究という文言が入った構想についてJAVAさんがたまき議員へ6/7に質問した内容と議員からの回答がJAVAさんのサイトにのっています。

私はJAVAさんのサイトを見て、短絡的に、これはいけない、どうしようと思った一人ですが、この件で長く動物権利運動をしている友人数人に意見を聞いたところ、いろいろな考え方があることを知りました。

その友人たちがご自身のブログなどで記事を書いたら、改めて記事を起こすかこちらの記事を修正しようと思います。

長く動物権利運動をしている人たちのいろいろな考え方

・JAVAさんとは違い、生かす道を優先し、サンクチュアリを推進したい
・どのような実験に使われるかわからないのであれば、実験に使うより
基本的に全頭に安楽死を
・JAVAさんのいうように、これは問題だ どうにかせねば。

そこで私も今一度、たまき議員の記事とJAVAさんの記事を読み、気にな
った点(●)とこうしてほしいという点(★)を3点挙げてみます。

★★★侵襲的な動物実験は行わないと書面で約束すること。

★★★侵襲的でない動物実験を行う場合、道的エンドポイントや実験的エンドポイントの決定には動物保護団体の意見も参考にし、結果を公表すること

★★★東京大学付属農場へ種豚を移動させた場合、これらの豚をどのように”活用”するのかを事前に明確にすること。


お一人お一人がどうしたらいいのか考えて、賛成いや反対、こうしたらよりよくなると思うなど、政府・官房長官、地元政治家の方や思いつくところへ意見を届けてください。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html


参考URL:

・JAVA 6月7日に高邑議員を訪ねて質問した内容と回答
 (6/12の記事 高邑議員に動物実験の疑問をぶつけました)
http://java-hisaidoubutu.sblo.jp/

・たまき議員のブログ
http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/day-20110526.html

たまき議員とJAVAさんの記事をもう少し詳しく見てみます。

■■たまき議員の記事から■■
●1.要望書1の中に ”すでに警戒区域から東京大学付属農場へ種豚を移動させることを決定していただいておりますが・(略)家畜の有効活用についての要望を纏めつつありますので・・”という箇所があります。

★移動させた場合、これらの豚をどのように”活用”するのかを明確にしてほしい


●さらに要望書2の中に、”人の管理下から突然放逐された家畜の福祉尊重の観点から、警戒区域内の家畜を産業動物から研究用動物へと用途を変更し、「生体保存」の道を考えるべきと考える。保存に当たっては、研究用動物としての人道的エンドポイントや実験的エンドポイントを設定し、当然、動物倫理・福祉の観点からの配慮が不可欠である。”という箇所があります。

★研究用動物としての人道的エンドポイントや実験的エンドポイントを設定する場合、エンドポイントを決定する前に公開し、研究者側からだけでなく、動物保護団体側の立場の人間も評価する側にいれ、結果を国民に公開すること。


■■JAVAさんの記事から■■

●Q. 私たちが懸念しているのは、動物実験への利用ですが?
-->> A. (略)そもそも家畜で肉にされるのに殺される動物であるのを忘れないでほしい。最初から言っているが、自分は動物のためにやっているのではない。農家のためにやっている。それにたまたま動物の福祉がくっついてきただけ。

★この回答は実際にそうであろうしそれ自体を否定はしません。
ですが、目的が動物の”有効利用”である場合、もともとのネーミング”ファームサンクチュアリ”が本来意味する動物たちの楽園とは対極にあるものだと思います。

JAVAさんへの回答を見ると、動物の所有者は、所有権を放棄することになるらしいですが、そうだとしても、所有者への説明には研究目的という言葉でうやむやにせず、具体的にどうするのか これこれこういう実験に使ってその後は殺し解剖します などの具体的な説明をするべきであると考えます。

結局はたまき議員の要望書2の結論として”「生体保存」のための原発被災動物研究コンソーシアムと動物研究センターとして、以下の3部門の設侭を提案する。・・・”ここに集約されているのかと思います。これでいくのであれば上記3点を求めます。

ファームサンクチュアリ、畜産動物については下記もごらんください。
1.アメリカ チコにあるファームサンクチュアリ訪問記
 
http://www.all-creatures.org/ha/fs/fsca1.html
2.アメリカ マウイ島にあるファームサンクチュアリ訪問記
http://www.all-creatures.org/ha/maui/fsmaui.html

3.畜産について(ベジタリアンになろう)
http://www.all-creatures.org/ha/Chikusan.html

 

被災地警戒区域の動物救済 | 00:11 | - | -
スポンサーサイト
- | 00:11 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS