ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< 海外グレートニュース 【中国、数百匹の猫、肉にされるところを救出される】 | main | 【海外グレートニュース 1,000匹以上の犬 肉にされるところを救出される - タイ】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
犬の消えた日 - 毛皮のため犬猫を国に供出させられた戦争時代 8/12 夜7時
 犬の消えた日

 
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=239


「国家のために飼い犬、飼い猫を供出せよ」

それは戦争の時代、毛皮をとるためでした。

それがTVで報道されます。

8/12 夜7:00-9:00
公式サイト 
http://www.ntv.co.jp/inu/


これに先立つこと2007年、飼い猫を国家に供出したことを絵本にした人がいました。
当時私も買いました。読みました。絵本として世の中にでたことで多くの人が手にとったことと思います。

絵本 ムツと私
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=10


そして国家への犬猫の供出は、ニュース記事にもなりました。
タイトルは、国家による犬猫の大虐殺 -- 今から67年前の1944年12月国は犬猫供出命令」を発令した撲殺や毒殺された犬猫は数万〜数十万匹と言われています。
でしたが、現在はその記事を配信していたソースは削除されています。

日本では飼い犬や飼い猫は供出しなくてよくなりました。でも毛皮の生産は日本でも今でも行われています。 中国は安い生産国で犬や猫が毛皮のために殺されています。

ほかには、タヌキ、ウサギ、ビーバー、など多くの動物が今でも殺されているのです。

戦争を背景に日本でどのように毛皮生産が行われてきたかは、「日本での毛皮生産 過去と現在」のページをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/Kegawa/FurInJapan.html

毛皮は動物を殺して作られます。
これについては 毛皮のページをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/Kegawa/Kegawa.html

このTV番組を見て、多くの人が毛皮の事実を知るきっかけを持つことと思います。

TVでこのような番組が報道される日が来るなんて、不思議な気がします。

しかもこの番組は親子視聴のための戦争ドラマです。

この番組を多くの人が見て、毛皮を買わない選択を選んでくれることを願います。

ぜひこの番組のことを話題にし、毛皮のことを多くの人に伝えてください。
そして 一人でも多くの人が、”毛皮は買わない” という選択に向かうことを願います。



毛皮 | 17:51 | - | -
スポンサーサイト
- | 17:51 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS