ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< 農林水産省生物多様性戦略の見直し案についての意見を送りましょう 11/30まで | main | ★ 荒尾競馬の馬たちのためにできること ★ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
元ハンターが野生動物保護活動家へ転身!

殺す側から守る側へ転身シリーズ:

バングラデッシュ。元ハンターが野生動物保護活動家へ転身
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=258
2011.11.2

20年前、サイテシュ・ランジャン・デヴはその日もバングラディッシュ北東地方でイノシシ猟をしていました。

イノシシのあとを追って歩いていた時、生い茂る草むらに隠れるように横たわっていたヒマラヤクマを踏んでしまいました。熊は攻撃し、彼の顔をひっかきました。
デヴは銃を撃ち、熊は死にました。

"しかし、熊の一かきで、私は右目、鼻のほとんどの部分、数本の歯、何本もの頬骨を失いました。舌もちぎれてしまいました。"

数分後、多量の失血により猟師は気を失い、仲間によって病院へと運ばれました。


死にかけた経験

回復には数か月かかり、顔・頬の再建のため手術を何度か行いました。
しかしこの死にかけた経験が、デヴを変えました。

"私にとって、命拾いした経験でした。とても幸運だったと思います。私は野生動物を殺すのではなく、守るために残りの人生を使おうと決めたのです。"

村の住民は、動物や鳥が近くの森から彼らの森へ入ってきたときには、元猟師である彼の森や野生動物についての知識を活用しているそうです。

時には傷ついた動物が持ち込まれ、彼のレスキューセンターで治療を受け、可能な場合は森に戻しています。

この20年間、彼は何千もの動物をリリースし、森へ戻してきました。その中には絶滅にひんしている動物もいました。

こうして今や彼はこの国をリードする動物保護家の一人となりました。

リリースできない鳥や動物たち、例えば大きな怪我をしていたり、年老いている動物は、デヴが自宅近くで開いているこのセンターで生涯を終えます。場所は首都ダッカの北東200キロにあるスリモンゴルにあります。

センターは水田から離れた場所にあり、ヒマラヤクマ、アルビノのスナドリ猫、ロックパイソン、テナガサル、サル、シカ、コンドル、そして多くの野生の鳥類の家となっています。


(動画:動画は原文でご覧ください。)

"簡単に狩猟できる"

動物たちは檻の中で飼育され、きれいに手入れされ、餌を与えられています。

サルなど何種類かの動物は昼間、檻の外をうろつくことを許されます。
池もあり渡り鳥の避難場所となっています。

しかしどのくらいの期間、彼らはレスキューセンターにいることができるのでしょうか?

"動物を全部自由にすることはできません。森は彼らを支えるだけもう広くはない" 彼は残念そうに言います。

"あのクロクマは赤ん坊のときにここにきて、ここで育った。だからどうやって餌をとるかを知りません。それに森には十分な餌はもうなく、密猟者にも簡単に殺されてしまう。
このセンターは動物たちの避難場所だが、広さには限りがあります。"

数年前デヴは母熊から飼育を放棄された2頭の雄の赤ちゃん熊をレスキューしました。
彼らはこのセンターでの人気者になったが、2頭は同じ檻で飼育されていました。

2頭が喧嘩して、1頭が怪我をし、今年あけてしばらくして死んでしまいました。

いかにきれいな環境で飼育され餌を与えらえていたとしても、囲われた中で動物を飼育するということは、自由に森を闊歩していた動物たちにとって理想的な場所ではありません。

それにデヴは訓練を受けた野生動物の保護専門家でもありません。


森林破壊

バングラデッシュでは個人が野生動物を飼育するのは許可されていませんが、政府は彼が保護活動を続けているのを黙認しているようです。

森林部(仮訳)の人たちは、彼が傷ついた動物たちを助け、貢献していることを認めています。

"彼はいい仕事をずっとしてきたし、彼の努力を無視することはできません。しかし我々はアニマルレスキューセンターをしばらくしたら作る計画があります。"野生動物保護官はそう話してくれました。

サンダーバンズのマングローブ森はベンガルタイガーの保護ばかりがクロースアップされ、他の問題はあまり問題にされないという保護活動家もいます。

デヴ氏のような個人の活動が今森を守っているといいます。

デヴ氏がいうには、ラウチャラ国立公園は依然は16平方キロメートルの広さがあったが、現在では6平方キロメートルしかなく、また、違法な森林伐採や森への不法侵入が森林被覆率を大きく減少させていて、それは政治的腐敗が原因だとのことです。

動画は原文でご覧ください。

原文:The former hunter saving Bangladesh's wildlife
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-15560998


================
★他Great news2件: 後程翻訳します。

バングラデッシュ サンダーバンズ・マングローブ森の南部3か所をイルカ保護区に指定。
原文:
★Bangladesh dolphins get Sundarbans sanctuariesBy Anbarasan Ethirajan
BBC News, Dhaka
http://www.bbc.co.uk/news/world-south-asia-15517214

 

★アイスランド空港でのクジラ肉販売中止

原文:Whale meat withdrawn from sale at Iceland airport

http://apps.facebook.com/theguardian/environment/2011/nov/03/whale-meat-iceland-airport-withdrawn?code=AQAiKCc_uYp1ZhdNOMAtOQmxq4xLITC884piAZy8v-tuToEL4cfbCWpetj7jdqX21ySjUl1LxWcMOEFk0rP802wNo4wIjDR-9x9SAUzo1vvnajCsbaVyF8kMrnoUkCAU3VMWUJRXjTv4nVPSEWUAO_lKzNAcPNty5nnCwAvfghYzjt02B8Tcye81o8fuGJ5ijxA#_=_


 

野生生物 | 21:57 | - | -
スポンサーサイト
- | 21:57 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS