ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< 海外グレートニュース:インド・ マハラシュトラ(インド中西部の地方)。最高裁が、去勢していない牛のカートレースも禁止。 | main | 動物の自然治療(療法)実践記録 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
国内グレートニュース :動物実験代替法を事業化‐4月から受託スタート

国内グレートニュース :動物実験代替法を事業化‐4月から受託スタート
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=282

とても喜ばしいニュースです。

代替法にシフトしていかないと、どんどん化粧品のみならず医薬品分野においても、日本は立ち遅れていくのではないでしょうか。

こういうのを見ると普段から行政へ意見を届けていることも少しは役立っているのかなぁと思います。

文部科学省、厚生労働省、農林水産省などのパブリックコメントチェックは日々の習慣にしましょう。



 国内グレートニュース :動物実験代替法を事業化‐4月から受託スタート

 安全性試験受託機関の化合物安全性研究所は、4月からウシ摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP)の受託を開始する。ウサギを用いた試験の代替法として確立されたもので、同社は世界的に加速する動物実験廃止の流れを捉え、日本で先駆けて代替法の事業化に踏み切ることになった

 同社は、動物実験を実施した化粧品の販売を禁止する欧州化粧品指令の2013年施行を視野に、国の要請を受ける形で、約1年にわたって眼刺激性試験代替法の準備と検討を行ってきた。眼への急性刺激性・腐食性があるかどうかを評価するため、ウサギを用いて実施される眼刺激性試験は、試験物質を眼に直接投与することや、点眼に伴う苦痛が避けられないことから、動物愛護の観点から問題視されてきた。また、既に欧州では、化粧品の安全性試験として受け入れられない試験法とされ、代替法の導入が急がれていた。

 こうした中、同社が確立したBCOP法は、ウシの眼球の角膜を用い、試験物質の腐食性・強度刺激性があるかどうかを評価するインビトロ試験。食用ウシの加工時に試験材料が得られ、動物を使用しないことから、動物数の削減と苦痛軽減の観点から有用な試験法と考えられている。

 これまでの検討では、ウサギを用いた眼刺激性試験の評価と比べて、信頼性の高い検出データが得られたため、今回BCOP法の事業化をスタートさせることにした。

記事URL:
http://www.yakuji.co.jp/entry25909.html

動物実験 | 09:54 | - | -
スポンサーサイト
- | 09:54 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS