ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< くまのエサ代 ご寄附をお願いします | main | 実験犬シロのねがい 2012年8月 新たに出版されました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
海外グレートニュース - イタリア 動物実験施設 グリーンヒルの実験動物用の檻すべてがついに空になりました2012/9/20


海外グレートニュース - イタリア 動物実験施設 グリーンヒルの実験動物用の檻すべてがついに空になりました2012/9/20

(転載歓迎ですが、URLも一緒にお願いします)
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=294

イタリア 動物実験施設 グリーンヒルの実験動物用の檻すべてがついに空になりました2012/9/20

イタリアでは、動物実験用ビーグル犬繁殖施設の動物虐待に国民から抗議と怒りの声が押し寄せ、実験施設は閉鎖になりました。さらに、警察が施設を視察、動物虐待で繁殖施設の3名が動物虐待の罪に問われ、また施設からは2500匹の犬たちが救出されました。

これを祝すお祝いの催しが行われ、ある上院議員は、動物実験が終焉に向かうことを望んでいること、また政治家や国民の声に常に耳を傾けていなければならないことなどのお話しをされました。

施設から出された最後の母犬と2匹の赤ちゃん犬は、1か月間、犬のセンターでリハビリを受けたあと、新しい家へもらわれました。子犬たちは健康上の問題があり、母犬は、これまで太陽を見たことがありませんでした。

リハビリセンターの方の話によると、犬たちは、強制的に水を飲まされつづけられていたため、飲み水や飲み物を飲むことができなくなっていたということです。

関連記事:
イタリア 動物実験施設 グリーンヒルに対する抗議行動 マスコミ各紙に大きくとりあげられる  2012,4,29

http://helpanimals.jugem.jp/?eid=285

記事URL(英文のURLを1つご紹介します)
http://www.gazzettadelsud.it/news/english/13795/Last-Green-Hill-beagles-placed-in-homes.html


●8/11 追記
イタリア 実験動物繁殖施設グリーンヒル 実験施設グリーンヒルよりビーグル犬次々と解放される
2115匹が実験施設より救出されました。

この10日間でグリーンヒルから動物実験用に使われる予定だったビーグル犬2,115匹が救出されました。


まで繁殖用の雌の犬やすでに生まれている赤ちゃん犬など59匹が施設におり、今年9月までは、健康上の理由によりこの繁殖施設で飼育される予定です。

その後、犬たちは新しい家族のもとへ届けられる予定で、それが終わるとこの施設は完全に動物がゼロになり、この実験用動物繁殖施設の動物用檻は全て空になります。

しかしこの繁殖施設は閉鎖されるわけではありません。

完全は閉鎖を求める署名があります。
下記署名サイトで署名をしてください。

http://www.change.org/petitions/chiudere-green-hill-close-down-green-hill

これに関するニュース記事1つご紹介します。(英文)
http://www.agi.it/english-version/italy/elenco-notizie/201208092105-cro-ren1091-green_hill_finds_homes_for_2115_beagles_in_10_days



●8/4 追記
先月下旬最初の70頭が実験用繁殖施設より解放されたあと、8/1までに820匹のビーグルが解放され、健康チェックなどが次々と行われていました。

しかし8/1の時点では、その施設の数千頭収容されている犬すべてを解放するかどうかは、まだ決定がされていませんでした。

8/3(金)(現地時間)に裁判が行われ、2500頭すべてのビーグルと妊娠させられている繁殖用個体200匹と生まれてくる予定の1000匹が実験施設に送られることなく、解放されることを前提に現在手続きが進むことに決定したとのことです。


●7/28 一部記事を補足しました。緑色の箇所です。(協力 ステファノさん)




イタリアの動物実験用ビーグル繁殖施設グリーンヒルに対する抗議行動については4月と5月にブログでご紹介しましたが、ここずっとその関係の動きが続いていました。

都度ブログで書こうかなと思っていましたが、ある程度状況がおさまってからまとめてと思い、今になりました。

まずは7月中旬、実験施設グリーンヒルに、動物虐待の疑いで警察による調査が入り、大手マスコミ各社にて大きく報道されました。

その様子はこちらでご覧いただけますが英語ではありませんが映像ですのでなんとなくわかると思います。

http://video.corriere.it/sigilli-green-hill/e977dc3a-d0d3-11e1-bab4-ef0963e166ba#.UAayhnVaf_w.facebook

この実験用ビーグル繁殖施設ですでに殺されていた犬たちの解剖の結果、犬たちは単なる皮膚炎でも何の治療もすることなく、さらには他のささいなことでもすぐに殺していたことが判明しました。

そしてこれは Marshall社では普通に行われてきたことであることがわかっています。

そして先日、最初の70頭が解放されました。この犬たちはもう二度とこの施設へ戻されることはありません。

一番最初にこの施設から他の場所へ預けられた犬はVeganという名前が付けられました。Veganは妊娠していました

実験用にさらに子犬を生ませられるところだったのでしょうか。

警察がグリーンヒルに調査に入ってからいろいろなことがすごい勢いで起こっていました。


解放されることが決まってから、犬たちは誰に飼養権がうつるのか、や合法的に実験施設から出すための手続きなどが行われていました。

引き続き犬たちは解放される予定です。

解放された犬達は警察(森林監視隊という特別なイタリアの警察)が、
LAV(動物実験反対の団体)、
Legambiente(自然環境を守る団体)、
Fermare Green Hill (グリーンヒルへの反対団体)
に預けています。

動画は下記でご覧ください(イタリア語):
http://www.ansa.it/web/notizie/videogallery/italia/2012/07/27/Beagle-Green-Hill-gioia-emozione-nuovi-padroni_7247717.html

 

関連記事:

イタリア グリーンヒルに対する抗議行動とビーグル子犬連れ出しが各大手メディアで大きくとりあげられる。2012.4.28
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=285

 イタリア グリーンヒルその後 2012.5.1
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=286



日本でこのような形で何かがおこることは考えにくいので、社会の成熟度の違いを感じます。

日本でも毎年多くの犬が実験に使われています。声を届けていきましょう。
http://www.all-creatures.org/ha/jikken/dog_canine.html



これらを削減しなくしていくために、意見を送ったり人に知らせたり、日本でも頑張っていきましょう。

補足:
実験用にビーグルを買っていた企業のリストの一部です。
(以下企業リストの一部) 

イタリアにある会社(本社あるいは支社)、大学もあります。

WYETH LEDERLE Spa
バイエル
Cell Therapeutics
IRBM S.p.A.
Recordati S.p.A.
Sigma Tau
Nerviano Medical Science
Di Bari大学


海外にある会社:
Huntingdon Research Centre
Huntingdon, UK (イギリス)
ノバルテイス
Svizzera (スイス)
N.V. Organon Animal House Group ? Olanda (オランダ)
Organon Schayk  Olanda (オランダ)
Organon  La Varenne Rion, Francia (フランス)
ファイザー製薬
Amboise, Francia (フランス)
Sequani LTD
Ledbury, UK (イギリス)
Sanofi Aventis  Alfortville, Francia (フランス)
Sanofi Synthelabo  Chilly Mazarin, Francia
Sanofi Aventis - Rueil Malmaison, Francia
Sanofi Aventis - Gargenville, Francia
Sanofi Aventis Montpellier  Francia
Intervet International B.V. - Olanda (オランダ)
Intervet Pharma a?“ Feneu, Francia (フランス)
Charles River (スコットランド)
Scozia
バイエル Cropscience
Francia (フランス)
Bayer Wuppertal  Germania (ドイツ)
Bayer Monheim  Germania
Hoffmann-La Roche
Basilea, Svizzera (スイス)
Boehringer Ingelheim
Biberach An der Riss, Germania (ドイツ)
Abbott Postssach
Ludwigshafen, Germania (ドイツ)
Solvay Pharma
Weesp, Olanda (オランダ)



 

動物実験 | 11:06 | - | -
スポンサーサイト
- | 11:06 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS