ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
<< サル虐待で「ドラゴンゲート」レスラー 無期限謹慎に | main | 映画 未来の食卓 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
食べられる寸前!飼いネコ300匹を保護 上海

 食べられる寸前!飼いネコ300匹を保護 上海

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2616432/4318591

【6月29日 AFP】中国の上海(Shanghai)で、人間の食用として売られそうになっていたネコ300匹を、動物愛護活動家らが保護した。29日の現地紙、上海日報(Shanghai Daily)が伝えた。

 動物愛護家たちは26日、ネコ好きの人物からの通報で救出に乗り出した。ネコたちは盗まれた飼い猫で、貨物置場で発見されたときには竹製の箱計22個に詰め込まれ、広東(Guangdong)省の飲食店向けに売り飛ばされるところだった。発見後、大半は飼い主に返されたが、3匹はすでに死んでいた。また数匹が足を骨折していた。

 ネコたちのいた貨物置場に侵入しておりを壊した愛護家の1人は、「ネコたちは虐待されている。ネコが入ったおりはトラックにきちんと積まれることもなく、投げ込まれている。到着するときに生きていても、最後は飲食店でスープにされてしまう」と訴えた。同紙によると、広東省のレストランはネコ1匹を50元(約700円)前後で購入しているという。 

 ネコ愛好家らに取り押さえられた取引業者は警察に拘束されたが、中国には動物愛護法が存在しないため、数時間後に釈放された。警察幹部は「中国にはネコを食べてはいけないという法律はない。ネコは保護対象の動物ではない」と語ったという。

 ネコの売買をこれまで10年間にわたり行っていたこの取引業者は、住宅地区でネコをわなで捕らえる「ハンター」と呼ばれる卸元からネコを仲買していたが、上海ではネコはイヌと異なり、飼育する際に許可証も要らないので所有権の証明ができず、警察はこの業者に盗品所有の容疑をかけることもできなかった。

 中国メディアによると、ネコを食べる習慣は、主に南部を中心に中国全体の多くの地域でみられ、なかにはネコを使ったメニューの専門レストランもあるという。(c)AFP


最新news:  中国国内では犬肉、猫肉への反対運動が起こり、ベジタリアンが増えてきています。下記ニュースは写真多数あり。

詳しくは下記をご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/chugokuinunekosaru001.html


中国 猫肉 | 19:23 | - | -
スポンサーサイト
- | 19:23 | - | -

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS