ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
■!フェロー諸島住民が「有毒な」鯨肉を食べないよう勧告される■
 


■!フェロー諸島住民が「有毒な」鯨肉を食べないよう勧告される■
 ((翻訳=エルザ自然保護の会 
http://www.elsaenc.net/  ))            
        
フェロー諸島の保健医療責任者達(チーフ・メディカルオフィサーズ)が、ゴンドウクジラの肉は有毒なので、もはや人が消費するにはふさわしくないとみなされると勧告した。これはフェロー諸島の住民に対する調査で明らかになったものである。

スコットランドとアイスランドの間に位置するこの大西洋の遠く離れた島々は、伝統捕鯨の最後の基地のひとつであり、毎年、何千頭もの小型のゴンドウクジラが捕殺され、フェロー諸島住民の食用にされている。

反捕鯨団体は、これに対して長いあいだ抗議してきた。だが、フェロー諸島の住民は、捕鯨は彼らの文化の一部であると主張してきた。これは、日本やノルウェーで大規模な捕鯨を行なっている捕鯨者が主張していることでもある。

しかし本日、諸島民に向けた声明の中で、保健医療責任者であるPaul
WeiheとHogni Debes Joensenは、ゴンドウクジラの肉と脂肪は水銀、
PCB、DDT派生物質を余りにも多量に含んでいるため、人が消費するには
安全とはいえないと発表した。

「こうした勧告がなされることは非常に悲しい。ゴンドウクジラは何世紀にもわたって、多くのフェロー諸島民の生活の糧になり続けてきた」と彼らは言う。だが、「ひどく皮肉なことでもある」とも述べている。というのは、汚染物質がフェロー諸島の住民に与える影響を調査したところ、特に水銀が島民に永続的なダメージを与えていることが明らかになったからだ。

調査によって、胎児の神経系発達への深刻な悪影響、高血圧、子供の免疫力低下、パーキンソン病の罹患率上昇、循環器系障害、成人における不妊の可能性などの影響が明らかになった。フェロー諸島でのデータは、他のさまざまな場所での低レベルの水銀曝露(ばくろ)に対する懸念を新たにしている。

保健医療責任者達は、こうした汚染を引き起こしたのはフェロー諸島の人々ではないとしているが、「こうした結果は、すでに汚染に関する厳しい規制を世界的な規模でもたらしている。従って、私たち自身もこうした結果をしっかり認めなければならない」と述べている■



ニューサイエンティスト原文
Faroe islanders told to stop eating 'toxic' whales

http://www.newscientist.com/article/dn16159-faroe-islanders-told-to-stop-eating-toxic-whales.html

くじら | 08:42 | - | -
「鯨の町」住民から水銀40倍 - 和歌山県太地町で鯨を常食する8人の毛髪から検出

先月、AERAで大量の水銀を含むイルカ肉の流通が取り上げられました。
3ページにわたっています。
AERAでは太地町にも取材しています。
まだお読みになっていない方は下記からバックナンバーを購入できますのでご覧ください。
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9490


●「鯨の町」住民から水銀40倍 - 和歌山県太地町で鯨を常食する8人の毛髪から検出
AERA 2008年6月16日号 p24-p26
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9490


太地の水銀問題については下記をご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/dolphinMeat/ThinkAgain.html

イルカ猟については下記をご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/saveWhaleDolphin.html

くじら | 11:55 | - | -
グリーンピース活動家が保釈されました。
グリーンピースの活動家が逮捕された事件では、世界中から釈放を求める約240,000の署名が集まりました。

ニュージーランドのウェリントンでは釈放を求める1700通を超える手紙が日本大使館へ提出されました。

また、世界的人権団体アムネスティ・インターナショナルが日本の首相に釈放を求める手紙を送っています。

グリンピース活動家は保釈されただけですので、今後の動向、そして彼らが追い詰めたクジラ肉の真の事実に、日本の司法が真のメスを入れられるのかが世界から注目されます。


Anti-whaling activists granted bail in Japan
http://www.scoop.co.nz/stories/WO0807/S00456.htm

日本のマスコミ、検察、司法の在り方が世界から問われています。http://www.greenpeace.org/international/news/activists-arrested-200608#video


Wednesday, 16 July 2008, 9:31 am
Press Release: Greenpeace

Anti-whaling activists granted bail in Japan

Tokyo, 16 July 2008 -- Two Greenpeace Japan activists, arrested and charged for intercepting a box of whale meat illegally smuggled off the Japanese whaling fleet, have been released on bail, after 26 days in custody.

Late last evening, a panel of three judges in Aomori, Japan, granted the release of Junichi Sato and Toru Suzuki, following a failed attempt by the local prosecutor to appeal the bail decision. Only 10% of bail applications are successful in Japan. The two will be reunited with their families later today. Their trial date has not yet been set.

"We are extremely relieved that our two activists have finally been released. However, our biggest question remains unanswered: why did the Japanese Prosecutor drop his investigation into the compelling evidence of whale meat embezzlement by whaling crew members brought to him by Greenpeace?" said Frode Pleym of Greenpeace.

Earlier this year, working from information given by former and current employees of whaling fleet operator Kyodo Senpaku, Greenpeace tracked the offloading of smuggled whale meat from the factory ship Nisshin Maru destined for crew members' homes. One of four boxes destined for the same private address was intercepted and the contents checked. This box, containing up to US$3000 worth of prime meat, but labelled as containing "cardboard", was displayed at a press conference on May 15th, before being turned over to the Tokyo District public prosecutor, who suddenly dropped his investigation on June 10, the day the two activists were arrested.

"We call on the Government to reinstate its investigation into the corruption in the whaling fleet," said Pleym. "What Greenpeace has exposed points clearly to a very big scandal at Japanese taxpayers' expense and in clear breach of international rules concerning Japans so-called scientific whaling programme."

Since the two activists were arrested, there has been a growing outcry over their detention. More than 30 non-Governmental organisations have signed up to a statement of concern. Over 1,700 letters written by New Zealanders were submitted to the Japanese Embassy in Wellington.

On Monday, Amnesty International sent a strongly worded letter [http://www.amnesty.org/en/for-media/press-releases/japan-environmental-activists-must-be-treated-accordance-international-l] to the Japanese Prime Minister demanding the release of Junichi and Toru. Nearly a quarter of a million people have sent a message to the Japanese Government calling for the two to be released and for a renewed investigation into the whale meat embezzlement scandal, this was backed by 35 protests at Japanese embassies and consulates in 31 countries.

グリーンピース職員2人が保釈されました!
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/whale/20080716_html

くじら | 10:26 | - | -
政府、IWC協議進展次第でザトウクジラの捕鯨停止の1年延長も 【7月3日 AFP】

政府、IWC協議進展次第でザトウクジラの捕鯨停止の1年延長も 【7月3日 AFP】


【7月3日 AFP】政府は、国際捕鯨委員会(International Whaling Commission、IWC)での協議に進展がみられる場合は、南極海でのザトウクジラの捕鯨停止を1年延長する用意があることを表明した。政府関係者が2日、明らかにした。

 政府は前年、約40年ぶりにザトウクジラの捕鯨再開を計画していたが、オーストラリアの強い反対を受け、中止していた。

 IWCのウィリアム・ホガース(William Hogarth)議長(米国)は、日本に対し、すでに対立が続いているIWCの更なる分裂状態を避けるためにも、ザトウクジラの捕鯨停止を1年延長するよう繰り返し求めているが、水産庁の森下丈二(Joji Morishita)資源管理部参事官は、政府はIWCでの協議に進展がみられる場合は議長に協力していく意向だと語った。

 森下参事官は、最終決断が下されるのはまだ先のことだとしながらも、IWCでの協議の進展次第では次の調査捕鯨でも同様の措置(ザトウクジラの捕鯨対象からの除外)が取られるとの見解を示した。
 
 前週、チリのサンティアゴ(Santiago)で開催されたIWC総会では、IWCの正常化に向け24か国で構成する作業部会の設置が決定された。

 約80か国が加盟するIWCはオーストラリアなどの捕鯨反対派と、日本、アイスランド、ノルウェーを中心とする賛成派で商業捕鯨について長年議論が続いているが、サンティアゴでの総会でも両派の溝を埋めるには至らなかった。(c)AFP


記事URL:
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2413031/3097337


くじら | 08:26 | - | -
世界から非難される日本の捕鯨
ナショナル・ジオグラフィックに掲載されている日本の捕鯨に関する記事です。

WSPA、環境活動家、グリンピースからみた、日本の捕鯨に関する考え方が紹介されていますが、日本の捕鯨を歓迎しているものはありません。

その中には、ノルウェーとアイスランドも捕鯨国ですが、彼らは自分の国の周りでのみクジラを捕獲し、南極海まで遠くでかけてとらないこと、また、彼らはこれは”研究目的だ”などというようなことはいったりしないこと、日本のように包み隠していないこと、日本は何事もオープンでなく、水産庁が魚として管轄していること、などまた日本が特にクジラを殺す産業に強く固執し、IWCの中の捕鯨国をリードし、IWCのポリシーを変更しようとしているなどが紹介されています。

日本ではグリンピースを敵対ししている報道が目立ちますが、海外にいくと、逆です。


英文:
Why Is Japan Whaling's Bogeyman When Norway Hunts Too?

June 27, 2008 -National Geographic News

http://news.nationalgeographic.com/news/2008/06/080627-japan-whaling.html


For the anti-whaling lobby, Japan appears to be its Moby Dick, a foe to be singled out and endlessly pursued.

For example, activists chased Japanese whalers across the Southern Ocean under a full media glare this past winter.


But are the attacks fair, when other nations also engage in substantial amounts of whaling?and unlike Japan, in open defiance of international conventions?

Hunting opponents seeking to influence the International Whaling Commission (IWC), the world regulatory body, at its annual meeting in Santiago, Chile, this week were unequivocal.

Japan is the "head of the zombie and needs to be cut off," said Willie Mackenzie, oceans campaigner for Greenpeace U.K. "It's very, very clear that, internationally, Japan is behind the drive towards commercial whaling."

Japan not only kills the most whales, Mackenzie said, but it is also trying to "undermine" the international moratorium on commercial whaling and challenge the endangered status of some species.

Yet Norway and Iceland also have substantial whaling programs?and do so not under the auspices of research but commercially, flouting IWC rules that have banned such activities since 1986.

"Japanese people feel that, yes, maybe there is a little bit of racism in the way in which we are considered in comparison with the way Norway or other whaling nations are treated," said Noriko Hama, a professor of economics at Doshisha University in Kyoto.

"If Japan continues whaling, we're 'barbarians.' But at the same time, I think Japan is giving its critics the excuse to level those accusations, because the government is simply not coming clean on its whaling policy," she said.

According to IWC figures, Japanese ships killed 866 whales in the 2006-2007 season, a haul that included minke, fin, sei, and sperm whales?the most of any nation. Norway placed second with a total catch of 545 whales.

Scientific Loophole

Whereas Norway and Iceland are both hunting commercially, Japan has at least kept to the letter, if not the spirit, of the IWC moratorium by killing whales under the aegis of scientific research.




Activists counter, however, that this is just a cynical ruse in Japan's efforts to lead a pro-whaling bloc to change IWC policy.

Environmentalists and some anti-whaling governments accuse Japan, for instance, of trying to reverse the commercial hunting ban by buying the voting support of poorer nations.



"Smaller countries in places like the Caribbean, West Africa, and the Pacific that have had no historic interest in the IWC or whaling, and for whom whaling certainly is not a priority, turn up at the behest of Japan with money that has come from Japanese taxpayers," Mackenzie said.

(Related: "Japan Courts Poorer Nations in Bid to End Whaling Ban" [April 1, 2008].)

Conservation groups also take issue with where Japan hunts for whales.

Whaling countries such as Norway and Iceland confine whaling to coastal regions inside their own waters, but Japan is the only nation that still exploits Antarctic seas, now an internationally recognized sanctuary for whales.

Greenpeace still supports subsistence whale hunts by native peoples in Arctic waters. In 2006, Greenland inhabitants alone accounted for almost 200 whale kills, including 11 fin whales, which are listed as an endangered species by the World Conservation Union (IUCN).

"Greenpeace doesn't campaign against aboriginal subsistence whaling, because it's not the problem," Mackenzie said.

That view isn't shared by the World Society for the Protection of Animals (WSPA), one of the few groups to campaign against subsistence whaling.

WSPA recently released findings suggesting that at least 25 percent of meat from the Greenland whale harvest is sold through commercial companies to supermarkets.

Taking Flak

Claire Bass, marine mammals program manager with the WSPA, says other whaling nations do appear to get off lightly compared with Japan.

"I think it's part of the strategy of countries like Norway to stand behind Japan and use them to take most of the flak," Bass said from Santiago.

The Japanese, Bass said, "are the most aggressively pro-whaling" nation. She noted, for example, that Japan has tried for many years to have discussions about animal welfare and small cetaceans removed from the IWC's agenda.

"They stand in the way of all the positive conservation work that the IWC could be doing," she added. "They believe the IWC should be focusing all of its efforts on resuming whaling."

Allowing the IWC to concentrate on threats such as climate change, ship strikes, marine noise, overfishing, and net entanglement would only undermine Japan's case for resuming commercial whaling, Bass said.

Food Security

Shigeko Misaki, a former spokeswoman for the Japan Whaling Association, said the anti-whaling campaign has gone too far.

"It has almost become a religion, that whales are the only symbol of the marine ecosystem," she said. "People who believe this religion think all Japanese people are evil, because we kill whales.

"Food security is a serious problem for Japan, particularly with rising fuel prices around the world. And the government and Japanese people should stand up and say that whale meat is a good food resource that should be used to provide protein," Misaki said.

Hama, the economics professor, said it is a "farce" for the Japanese government to call its annual whale haul "research whaling."

"We should be more like the Norwegians and be quite open about what we are doing. If Japan is going to hunt whales, then it should just come out and say that is what it is going to do."

Bass, of the WSPA, conceded that cultural differences do color the debate.

"Japan manages whales under their fisheries agency. They basically see them as big fish," she said. "We see them as intelligent, charismatic, captivating creatures. So I wouldn't deny there's a difference in the starting point at which we view whales."
くじら | 08:48 | - | -
日本 捕鯨を強調し IWCで孤立
日本の、”調査捕鯨”としてくじらを殺すことに、ノルウェーとアイスランドを除く国々は反対し、くじらを殺さなくても調査は可能としています。

日本はIWCで孤立しています。

原文
Japan Isolated as Whaling Commission Meets in Chile
http://www.newsweek.com/id/143265

また、オーストラリア、米国、欧州・南米諸国の大半は捕鯨に反対しており、クジラを殺さなくても調査は可能だとして日本に再考を求めています。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2410469/3074114

日本はくじらを殺さず、守る国として、世界をリードする日がきたら、そのときは、世界中から多くの賞賛と、ホェールウォッチングに訪れる観光客を得られるでしょう。


くじら | 04:29 | comments(0) | trackbacks(0)
調査捕鯨の取り締まりには法改正が必要、米IWC代表

【6月11日 AFP】米国は10日、捕鯨に関する国際法について、調査捕鯨に対応できるよう内容の見直しを求める考えを示した。商業捕鯨のモラトリアム(一時停止措置)の抜け穴を利用していると批判されている日本の調査捕鯨を念頭に置いた動きとみられる。

 米代表のウィリアム・ホガース(William Hogarth)国際捕鯨委員会(International Whaling Commission、IWC)議長は、「調査捕鯨の禁止には国際捕鯨取締条約(International Convention for the Regulation of Whaling)の改正が必要」との見方を示し、さもなければ「関係各国が拘束力を持つ付帯決議を個別に結ぶほか対応はない」と述べた。

 ただ、環境保護団体からは、法改正が「本来は違法な行為」にお墨付きを与えてしまう可能性があるとの批判が出ている。

 今年のIWCの年次総会は、23-27日にチリのサンティアゴ(Santiago)で開催される。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2403613/3022060
くじら | 14:21 | - | -
太地町立くじらの博物館 / 厚生労働省 環境と安全食品部 へ意見を送ってください
太地町立くじらの博物館 / 厚生労働省 環境と安全食品部 へ意見を送
ってください


1.【太地町立くじらの博物館へ意見FAX/TELを送ってください。】

イルカ猟で知られている太地町のくじら博物館のシャチ(オルカ)の歯
磨きがニュースになりました。
このオルカは、太地町沖で捕獲され、1986年より太地町立くじら博物館
にて飼育されています。

人寄せに歯磨きもいいけれども、利害優先だけでなく、動物の福祉を考
えて環境改善をしてほしい旨意見を送ってください。

また、オルカやイルカなどの展示を段階的に少なくし将来的には中止し、
真に海洋生物への理解の教育の場としての博物館としての活動を期待す
る旨についても意見を送ってください。


こちらでは、2006年には、1月〜12月までで11頭死な
せています。内訳はオキゴンドウ3、コビレゴンドウ1、ハンドウイル
カ5、マダライルカです。


大海原を泳ぐこのような大型水生哺乳類を狭い水族館に閉じ込めるると、
自然では50年いきるのに比較し、数年で死亡しています。


1997年時点のものですが、地球生物会議のサイトには、太地町立く
じらの博物館ではオルカ7頭を飼育したが、6頭が死んだことが記載さ
れています。(ボーンフリー財団による)
※ http://www.alive-net.net/wildlife/sea-animal/orca/orca970614.html


捕獲されたのちに日本の水族館に売却され、命を落としていったオルカ
達の記録と生存状況が下記 Free Orcaのサイトで詳しくみれます。
※ http://www.jca.apc.org/~orca/data.html


メールアドレスの記載がないため、意見は電話およびファックスになり
ます。
あて先およびファックス・電話番号
太地町立くじらの博物館
林克紀館長
およびご担当者様
Fax 0735-59-3823
Tel 0735-59-2400


※オルカ歯磨きのニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080603-00000003-agara-l30
歯の衛生週間(4〜10日)にちなみ、太地町立くじらの博物館(林克紀館長)は同期
間、シャチの歯磨きを一般公開する。


">- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



2.【イルカ肉に意見を送ってください。】

エルザ自然保護の会では、規定値を超えた水銀を含むイルカ肉の流通を
禁止するよう厚生労働省へ呼びかけてほしいとHPが更新されました。
下記より意見が送れます。
ぜひ意見を送ってください。

http://www.elsaenc.net/mercury/mercury_action.html


環境と安全食品部 厚生労働省へ意見を!エルザ自然保護の会

拝啓

日頃、国民の健康推進に向けてご尽力くださりありがとうございます。

早速ですが、和歌山県太地町及び静岡県富戸で行なわれているイルカの追い込み猟で捕獲されたイルカ肉(ゴンドウクジラ、ハナゴンドウ、バンドウイルカなど)に厚生労働省が定めた暫定規制値を大幅に上回る水銀が次つぎと検出されています。ご存知のように、水銀の人体への蓄積は市民の健康を著しく損なうものであり、特に妊産婦家や児童への影響が世界的に指摘され、また、危惧されています。水銀汚染の深刻さを考えると、厚生労働省等のネットで注意を促すだけでは到底不十分であり、水銀の害から市民の健康を守ることは不可能です。

国民の健康を考え、食品の安全をめざす貴機関に次のことをお願い致します。

1)政府が定めた暫定規制値を超える水銀が含まれているイルカ肉の販売を早急に禁止してください。(環乳第99号を勧告だけでなく、強制力のあるものにしてください。)2006年に施行された「ポジティブリスト制度」によって規制値を超える残留農薬を含む食品は原則として販売禁止になりましたが、水銀は有毒な農薬と同様に人体に悪影響を与える極めて危険な有害物質ですので、「ポジティブリスト制度」と同等の措置をお願いします。

2)上記1)が達成されるまで、イルカ肉を市場に出す条件として、各パッケージに、「この食品は暫定規制値を超える水銀が含まれている可能性があります。水銀は人体に蓄積されて健康を蝕む恐れがあります」と表示ラベルをつけることをすべてのイルカ肉の販売店に義務付けてください。これは、すでにタバコで試みられている措置です。

以上、よろしくお願いいたします。

敬具





くじら | 07:06 | - | -
「シー・シェパード」船長が「クロコダイル・ハンター」の野生動物保護賞を受賞/PETA 日本野球機構へ 「温暖化対策にベジタリアン食を」
ニュース2件

● 「シー・シェパード」船長が「クロコダイル・ハンター」の野生動物保護賞を受賞
3/20 AFPニュース


【3月20日 AFP】「クロコダイル・ハンター(Crocodile Hunter)」で有名な環境保護活動家、故スティーブ・アーウィン(Steve Irwin)氏が設けた『Wildlife Warrior(野生動物保護の戦士)』賞の2008年度受賞者に、米環境団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)」のポール・ワトソン(Paul Watson)氏が選ばれ、20日にオーストラリアのクイーンズランド(Queensland )州で授賞式が行われた。

 ワトソン氏は、船長として南極海で日本の調査捕鯨に対し数々の妨害行為を行ったことで知られるが、この時の抗議船の名前はアーウィンさんにちなんだ「スティーブ・アーウィン」号だった。

 ワトソン氏の反捕鯨活動は行きすぎているとの批判も多いが、これについて同氏は「シー・シェパードを批判する人々はクジラを救う方法を議論するだけで何もしないが、われわれは実際にクジラの救出活動を行っている」と反論。

「日本の捕鯨頭数は計画の半数にとどまる見通し」だとして、日本の捕鯨に対する抗議活動は成功だったとの認識を示した。「クジラがわれわれの活動を批判するなら、われわれも考えるがね」(ワトソン氏)

 アーウィンさんは2006年9月、グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)で野生動物に関する番組を撮影中にアカエイに刺されて亡くなった。

AFP のページは こちら。

------------------------------------------------------------------------------
●PETAニュース
動物の権利団体PETAは、日本野球機構が行っている温暖化防止アクションについて、試合時間短縮よりも、もっと効果的な方法として、スタンドで販売されるお弁当をベジタリアンに切り替えることを提案しました。

アメリカのスタジアムの多くでは、大豆のプロテインから作られる美味しい"バーガー"などのベジタリアン食を販売しています。

日本でもニュースになりましたが、国連の出した2006 年の報告では、食べるために動物を育てることにより排出される温室化ガスは、世界の全ての車、トラック、スポーツカー、船、飛行機から排出されるガスを足したものより40%も多いことが報告されており、畜産業は、土地の劣化、気候変動、大気汚染、水不足、水汚染、生物多様性の危機など深刻な環境問題を引き起こすものであることが記載されています。

関連記事 社団法人日本野球機構(NPB) 温暖化防止アクション

日本野球機構がこの地球温暖化問題と、野球ファンの健康を真剣に考え、PETAの提案を受け入れてくれることを望みます。

AFP記事

Japan's baseball stadiums urged to drop octopus, save planet

TOKYO (AFP) — Animal rights activists on Tuesday urged Japanese baseball stadiums to give up their usual fare of hot dogs and fried octopus balls and go vegetarian to fight global warming.

Japan's baseball commissioners announced as the season opened last week that the national pastime would take action to reduce greenhouse gas emissions, in particular by speeding up games.

But People for the Ethical Treatment of Animals (PETA) said it would be more effective for concession stands to serve exclusively vegetarian fare.

"By selling only vegetarian foods, your baseball league will become a leader in the fight against global warming," PETA said in a letter to Nippon Professional Baseball commissioner Yasuchika Negoro.

"Because vegetarians are less prone to serious illnesses like heart disease, diabetes and obesity than meat-eaters, fans will be happier and healthier while cheering on their favourite team," it said.

A 2006 study by the UN Food and Agriculture Organisation found that the livestock industry contributed more to global warming than all of the world's transportation.

PETA, which is based in the United States, noted that many North American baseball stadiums now offered vegetarian food including burgers made of soy or beans.

The appeal was released hours before the Boston Red Sox, the defending World Series champions, open their regular season against the Oakland Athletics with two games in Tokyo.

くじら | 16:45 | - | -
HSI Big News! オーストラリア連邦裁判所、日本の捕鯨中止を命令
HSIのサイトを翻訳しました。

HSI Big News! オーストラリア連邦裁判所、日本の捕鯨中止を命令

http://www.all-creatures.org/ha/whales/index.html

●世界から非難を受ける4つの理由。

1.サンクチュリ内で殺している。 
2.絶滅危惧種を殺している。
3.禁止されるまでは普通に、されたあとは”調査捕鯨”になる。 
4.”調査捕鯨”は、殺して行い、肉、副産物を流通させ、利害を得ている。


●日本の調査捕鯨船に豪連邦裁判所が操業停止命令

>> HSIのサイトの翻訳です。翻訳 buzz☆.さん

 動物保護団体ヒューメーン・ソサエティー・インターナショナル(HSI)は、たくさんの鯨を日本の捕鯨から救うことになる歴史的な決定を獲得した。連邦裁判所は、オーストラリアの鯨保護区と定められている海域での共同船舶(株)の捕鯨が違法である認め、中止するように命令したのだ。

 共同船舶は今シーズンに935頭のミンククジラ、50頭のナガスクジラの捕鯨を予定しており、日本政府の許可を取得している。前回の捕鯨記録に基づけば、今回の捕鯨の90%は"クジラ保護区"で行われることになる。


 この判決は日本の捕鯨船が違法であるとのはじめての判決で、歴史的といえる。HSIは東京の本部に捕鯨をすぐさま止めるよう命令した。

 Rudd政権は前政権と異なり、HSIの主張を支持している。

 これ以上クジラ保護区でクジラが殺されないよう、連邦裁判所の決定を実施し、選挙前の公約を続けるよう、HSIはラッド政権を訪問した。


●裁判の背景

 HSIは南極大陸での捕鯨を終結させるため、マスメディア、法律、消費者運動において先頭に立ってきた。

 2004年11月にHSIはオーストラリアの法に違反してクジラ保護区で習慣的にクジラを殺傷しているとして、共同船舶に対して行動を開始した。

 オーストラリアのクジラ保護区は2000年に環境保護と生態系保護(EPBC)条例(1999年)に基づき宣言され、オーストラリア領の南極大陸の沿岸海域にある排他的経済水域も含まれている。

 2000年7月以来、クジラ保護区での捕鯨は処罰を誘う違犯だ。しかし2000年から20006年の間に共同船舶は法に違反し、1300頭余りのクジラを殺傷したとHSIは見積もっている。

 日本政府は、南極大陸での調査捕鯨(JARPA)に許可証を発行している。いわゆる調査というのは、1986年以来国際捕鯨委員会が出している調査捕鯨禁止を逃れるためのお粗末な言い訳だ。2005年に日本はJAEPA2を公表し、絶滅危惧種も含め捕獲数を倍に増やした。935頭のミンククジラと10頭のナガスクジラだ。2007〜2008年には、935頭のミンククジラと50頭のナガスクジラの捕獲へと拡大している。 このクジラの大多数はクジラ保護区の中で捕獲されることになる。 (50頭のザトウクジラは一時的に救済されている).

  捕鯨の劇的な増加は、この裁判がこれまで以上に重要であることを意味している。

●裁判の歴史

 2005年5月、司法長官は「日豪関係が危機にさらされかねない」と言葉を発する。
それを受け裁判を中止するという、弁護士ジェイムス・オルソップが下した決定に対して、HSIは、2006年7月に上告し、最初の障害を超えた。

 翌年の間HSIは共同船舶への裁判所文書を決まって拒否する日本政府も含め、もっと多くの障害を克服した。しかしながら、これはHSIが2月に代理手段を経て文章を出す法廷承認を得たので、訴訟手続きを延ばすより多くの反対をもたらした。 2007年7月に最終的な実質的な公聴会のための日付を決めるために被告がもう一度著しく休んでいた状態で法廷は再び再開した。

 HSIはこれらの訴訟手続きの初めから3年以上経った9月18日の最終公聴会、オルソップ弁護士に証拠を提示するために法廷に戻った。 1月15日に、連邦裁判所は捕鯨がオーストラリアの法に違犯していると宣言し、中止するよう布告した。

>> 連邦裁判所の判断 --> こちらをクリック


 HSIはケベック州のスティーブン・Gageler(カタカナ読みが不明), ジュニアカウンセラーのクリス・マグラー、ニューサウスウェールズ州環境保護事務所による訴訟手続きで立派に寛大に代表された。

>> 英文オリジナル はこちら。--> HSI web site



くじら | 07:24 | - | -
<< | 2/3PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS