ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース

ヘルプアニマルズからニュースをお届けします。
動物の権利アニマルライツについてはHP ヘルプアニマルズをご覧ください。
http://www.all-creatures.org/ha/

Twitterでフォローしてください
http://twitter.com/#!/helpanimalsar

動物実験反対デモにご参加ください。
http://www.usagi-o-sukue.org/demo.html
http://stopanimaltests.net/peacewalk.htm

毛皮反対デモにご参加ください。
http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm
http://blog.goo.ne.jp/archubu
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
映画「ザ・コーヴ」上映を見た人への貴重なインタビュー動画
 映画「ザ・コーヴ」上映中止抗議イベント(2010/6/9) に600名が参加。

そのイベントに来た参加者の人にインタビューした貴重な映像はこちら。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/543

参加者の人たちは、”非難するにも見なければ”という感想が多い。


The Coveは上映中止にしなければいけないのか、イルカ漁関係者、漁業関係者、イルカ漁擁護者でない普通の人たちに、ぜひこのインタビュー映像とThe Coveを見てほしい。

イルカ | 23:12 | - | -
『ザ・コーヴ』東京でイベント上映決行!日の丸掲げ抗議する人も!満席で観客あふれる

The Coveを見にいかれた人はどういう人が多かったのでしょうか。
でも、ジャーナリストの方とか、捕鯨推進派の人とかばかりでなく、ニュースを見た普通の人が多かったらいいなと思います。


『ザ・コーヴ』東京でイベント上映決行!日の丸掲げ抗議する人も!満席で観客あふれる
http://news.nifty.com/cs/entame/moviedetail/cnmtoday-N0024920/1.htm
 
2010年6月10日(木)7時1分配信 シネマトゥデイ

 イベントに急きょ参加した『ザ・コーヴ』出演者オバリー氏は言論表現の自由を保障した日本国憲法第21条が書かれたボードを掲げる [ 拡大 ]
-PR-
 上映中止騒動が勃発しているドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』の上映とシンポジウムが9日、東京・なかのZERO小ホールで行われた。同作品は和歌山県太地町のイルカ漁を告発していることから「反日映画」として一部の右翼団体やから電話や街宣などによる抗議を受けており、この日も万が一に備えて警察官19人が警備にあたり、会場内ではシンポジウムでペットボトルが投げられることを警戒して自動販売機の使用を中止する措置が取られた。

 その最中、「『ザ・コーヴ』はテロ集団シーシェパードによるプロパガンダ」と書いたビラを配布する反対派や、日の丸を掲げて抗議しようとした男性に対して警察関係者が取り囲む物々しい一幕もあった。しかし550席の会場は瞬く間に満席となり、入りきれなかった観客のために急きょロビーにモニターを出してシンポジウムの様子を流すなど、人々の関心の高さをうかがわせた。

 今回のイベントは月刊誌「創」が主催で、篠田博之編集長をはじめ、作家で映画監督の森達也氏、映像ジャーナリスト・綿井健陽氏、カメラマン・ディレクターの坂野正人氏、新右翼「一水会」顧問の鈴木邦男氏といったそうそうたる論客たちが登壇。本来は作品の内容はもちろん、隠し撮りという手法など多くの問題を提起していることから討論の場が設置された。しかし開催直前に上映中止騒動が起こったことから上映中止を反対する声明文が読まれたほか、急きょ、映画のナビゲーターで来日中のリック・オバリー氏がゲストとして登場。

 オバリー氏は言論表現の自由を保障した日本国憲法第21条が書かれたボードを掲げながら「娯楽としてでもいいので、この映画を日本の観客に観てほしい」と訴えた。 オバリー氏が日本国憲法を引き合いに出したことに刺激されたのか、森氏は「憲法21条をうたうというのは、国家に言論を弾圧させないということなんです。でもこのような国民同士の弾圧については想定していないんですね。今回のような弾圧や自粛というのは憲法が入るべきモノじゃない。だから弾圧のレベルじゃない。とても粗末な話です。ただ僕は、上映中止を求める言論も保障されてもいいと思う。しかし暴力を付随する行為で言論を制するのであれば違う。同時に、それで委縮してしまう表現する方の覚悟のなさも問われるべき。それでも、一部の活動家や劇場を批判して済む話じゃないですね。少なくとも日本社会の構造の中に歪曲したものがあるのだろうと。それくらいのモノを見つけないと、シンポジウムも含めてとても不毛で、なんで今さら表現の自由を訴えなきゃいけないのだろうと。情けないです。それを僕も、みなさんも考えてほしい」と苦言を呈した。

 過激な発言で知られる鈴木氏も「映画を観た上で、間違いを指摘し、日本の伝統だというのなら堂々と議論すればいい。許せないのは、観せないで反日映画と決めつけること。まぁ、自分も昔やってましたけどね(笑)。でもどうしても許せないのなら、1億人2000万人に映画を観せて『おれたちの主張が正しいだろ』と言えばいいのに、そういう勇気もないんですね。せいぜい20〜30人が反日映画と決めつけて、国民に映画を観せないなんて、それはかえって日本国民をバカにしている。信じていないじゃないでしょうか。そういう行動そのものが反日的だと思います。違いますか!」と吠えると、会場から拍手が沸き起こった。

 またイルカ問題に詳しい坂野氏からは、配給会社「アンプラグド」に対して、日本公開版にはイルカ漁関係者などの顔にモザイクがかけらていることについて「やりすぎの自主規制ではないか。少なくとも警察官にもモザイクをかけるなんて聞いたことがない」という疑問が投げかけられた。同社の加藤武史社長は「正直、ボカシは入れたくなかった。でも太地町からも批判があったし、弁護士と検討して個人攻撃にならないように配慮しました。ただ、いまだにこれでよかったのかと思うところがあります」と公開に漕ぎ着けるための苦肉の策であったことを明かした。

 シンポジウムは残念ながら、観客の入場に時間を要したことで約30分に短縮されてしまったのだが、篠田編集長はじめ『靖国 YASUKUNI』の上映中止騒動であれだけ言論の自由について話し合ったのに、また同じ発言を繰り返さなければいけない無念さが言葉の端々にあふれていた。森氏にいたっては「『靖国』の時にも言ったんですけど、劇場選定のミスですよね。だって(上映予定だったのは)『靖国』騒動の時と同じ。(話題性を)狙ってやったと思いますよね。この後にイメージフォーラムとかポレポレ東中野で上映して大ヒットするんでしょ!? 10年前(自身の監督作の『A』と『A2』)もこの手法をやっていたら、今ごろカンヌ映画祭がどこかに行っていたかも」とボヤきはじめる始末。綿井氏も、劇場を反対派から守る究極の策として「鈴木さんの劇場に入り口に(警備員として)立っていれば?」とジョークを飛ばし、鈴木氏も「必要であれば行きますよ!」と力強く答えて会場の笑いを誘っていた。

 「アンプラグド」によると都内での上映はまだ決定していないそうだが、篠田編集長は「劇場に抗議の電話をするのではなく、激励を送ってあげて欲しい。不安に思っているであろう彼らの力になるはず」と観客に呼びかけた。(取材・文:中山治美)


 

イルカ | 20:18 | - | -
★イルカ漁映画The Cove 2010年度アカデミー賞受賞  長編ドキュメンタリー部門★

★イルカ漁映画The Cove 2010年度アカデミー賞受賞  長編ドキュメンタリー部門★


イルカ漁(イルカ猟)の映画The Coveがア長編ドキュメンタリー部門で
オスカーを獲得しました!


近日中にCove HPもしくはブログに掲載されるかと思います。
The Cove HP
http://thecovemovie.com/

これはとてもうれしいことですが、しかし、日本人である私たちが行動
しなければ、いるか漁はなくなりません。

ぜひ行動してください。

 

署名
http://apps.facebook.com/causes/petitions/252


Save Japan dolphins
http://www.savejapandolphins.jp/

Help Animals (イルカを殺さないで)
http://www.all-creatures.org/ha/saveWhaleDolphin.html

英語がわかる方は下記URLもご覧ください。
https://secure.acceptiva.com/?cst=59a67b

The Cove HP
http://thecovemovie.com/

The Cove Blog
http://thecovemovie.com/_blog/Blog


 

イルカ | 19:20 | - | -
2/11 (祝・木) イルカ猟(イルカ漁)映画 上映会&トークイベント
 日本では毎年2万頭ほどイルカが殺されていますが、ほとんどの人が知りません。

イルカを殺している市町村は数えるほどですが、イルカ漁やイルカ肉のことは、”文化”としながらも、観光案内センターなどでも積極的には宣伝しておらず、ほとんどの日本人が知りません。

そういう中、日本のイルカ漁のことをとりあげ映像化したドキュメンタリー作品 The Coveが欧米で多くの賞を受賞しました。

このThe Cove上映会とトークのイベントが2・11に開催されます。

申し込みが必要です。

詳細はこちらをご覧ください。

http://www.elsaenc.net/

イルカ保護にご関心のある方は、ぜひ足をお運びください。





イルカ | 20:00 | - | -
イルカ漁映画 The Cove アメリカでナショナル・ボード・オブ・レビューの賞を受賞

日本のイルカ漁(イルカ猟)の映画 The Coveが、先日、アメリカで ナショナル・ボード・オブ・レビューのベスト・ドキュメンタリー賞を受賞しました。

ナショナル・ボード・オブ・レビューとは? 
 −−> 
http://ja.wikipedia.org/wiki/ナショナル・ボード・オブ・レビュー 

この賞は、、長い歴史を誇る賞としての権威と共に、実質的に
アカデミー賞の前哨戦となっているらしいです。



受賞についての記事の詳細は 
http://thecovemovie.com/_blog/Blog

でご覧になれます。

水族館にいるイルカは、イルカ猟で捕獲されたイルカです。
水族館にいかないで、と出演者のリックオバリー氏は言っています。

もともとどこで生まれ育ち、どの海を自由に泳いでいたのか、大海原を泳いでいた生き物をコンクリートの狭い囲いの中にいれ、自由を奪うことの重さを考えてください。

海外では水族館でイルカを展示しないというところもでてきています。

日本もそのような流れになっていってほしいと思います。


イルカ | 08:22 | - | -
水俣病1000人検診 未認定93%に症状 69年以降の出生者も

あしたへの選択さんから教えてもらいました。


アエラでイルカ猟の町太地の水銀問題をとりあげています!


「鯨の街」の奇怪な検診和歌山県太地町で公的「メチル水銀汚染調査」
AERA 10月26日発売号は太地町の水銀問題について特集しています。

http://www.aera-net.jp/latest/backdetail.html?id=111


先日のニュースです。
水俣病1000人検診 未認定93%に症状 69年以降の出生者も
10月30日 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000013-nnp-l43


 水俣病の潜在患者を掘り起こすため、医師や被害者7団体でつくる実行委員会(委員長=原田正純・熊本学園大教授)が9月、熊本、鹿児島両県の不知火海沿岸の住民約千人に実施した大規模検診の分析結果を29日、発表した。未認定の受診者974人中、93%に当たる904人に手足の先のしびれなど、水俣病特有の症状が確認された。

■行政線引きと矛盾

 水俣病の症状は、国が「新たな発生はない」とする1969年以降の出生者や、不知火海沿岸地域への転入者など若い世代でも51人を確認。医療費が無料になる保健手帳の交付対象地域外でも、93%に特有の症状があったという。

 熊本県水俣市で会見した原田委員長らは「有機水銀の汚染が不知火海全体に広がっていることが確認できた。未解決の人がたくさんいる事実を真剣に受け止めてほしい」と述べ、国による早急な調査を求めた。

 調査は9月20日と21日、熊本県水俣市、天草市、鹿児島県出水市など8市町17カ所で行われ、医師約140人が沿岸住民に感覚障害など水俣病特有の症状があるかを診察。2日間で1044人が受診、データの公開を了承した974人の診断結果をまとめた。

 国は水俣病の救済対象を公害健康被害補償法に基づく指定地域ないし、医療費が無料となる保健手帳の交付対象地域としてきたが、今回の結果では、上天草市など対象地域外から受診した213人中、199人が「水俣病である可能性が濃厚」とした。

 さらに、国は原因企業チッソが68年に有害排水を停止したことを踏まえ、69年以降、水俣市住民の頭髪の水銀濃度が他地域と同程度になったことを例に「水俣病が発生する状況はなくなった」とした中央公害対策審議会答申(91年)を根拠に、水俣病患者の存在を認めてこなかった。

 しかし、調査結果では69年以降の出生者、転入者59人のうち、51人にも水俣病の症状が見られたとし、行政の線引きは「非常に不完全」(原田委員長)とした。

 調査では、今回の受診者のうち、これまで水俣病の検診を受けたことがある人はわずか11%(112人)だったことも判明。検診を受けなかった理由として「差別を恐れた」が46%の396人、「情報がなかった」が41%の354人いた。

=2009/10/30付 西日本新聞朝刊=

イルカ | 19:43 | - | -
2009年10月28日 イルカ漁の街 太地からのレポート




イルカ漁(イルカ猟)をとりあげた映画 The Cove(ルイ・シヨホス監督 Louis psihoyos)は日本のイルカ猟が今までないほどにテレビで報道されました。The Coveは欧米で18の賞をとったあと、10月26日も、 Environmental Media for Best Documentary賞 (環境映画ベスト・ドキュメンタリー賞)を受賞したばかりです。


2009年10月後半 ゴンドウイルカが殺されました。

2009年10月28日(水) 午後4時頃の電話での会話(日本時間)

先週は10〜15頭のマゴンドウが入り江に追い込まれ、すべて殺されました。

そのとき私はあたりを散策し入り江が遠くに見える崖に立つことが出来ました。

私が立っているところからは見えにくいところもありましたが、ボートがマゴンドウたちをより奥まったり江に追い込んでいくのが見えました。マゴンドウたち が殺されているのを間近には見ませんでした、一頭のマゴンドウが最後まで闘ったのを見ました。

続きはこちらでご覧ください。


http://www.all-creatures.org/ha/dolphin7/dolphin7.html



イルカ | 00:15 | - | -
イルカ漁(イルカ猟)映画The Cove  環境映画ベスト・ドキュメンタリー賞を受賞


欧米ですでに16の賞の受賞をしているイルカ漁(イルカ猟)の映画 The Coveが、今度は Environmental Media for Best Documentary賞 (なんと訳すのでしょうか、環境映画ベスト・ドキュメンタリー賞というような意味です)を受賞しました。

The Coveのブログに、ルイ(Louis Psihoyos )監督の写真が掲載されています。


The Coveの公式サイトのブログ
http://www.thecovemovie.com/_blog/Blog


AP通信の記事と写真
http://www.apimages.com/Search.aspx?st=det&sort=date&id=20th%20Anniversary%20Environmental%20Media%20Awards%20Show&showact=events&prds=10002&intv=3d&sh=10&kwstyle=and&adte=1256563456&pagez=20&cfasstyle=AND&


・EMAのサイト
http://www.ema-online.org/

授賞式の写真

イルカ | 19:25 | - | -
ニューヨークタイムズ The Coveをとりあげる
 ニューヨークタイムズでも記事になりました。
かなり長文です。


http://www.nytimes.com/2009/10/23/world/asia/23dolphin.html?_r=1


イルカ | 20:54 | - | -
パブコメ募集:イルカ漁について意見を送るチャンスです

(再掲載)

小型捕鯨(イルカ漁など)について意見を募集しています。

都道府県認可のいわゆるイルカ漁とはまた違うもので、国の許可にもとづいて行われる沿岸捕鯨に関する意見です。

ぜひ意見を送ってください。締め切り11月6日です。

小型捕鯨業の告示案についての意見・情報の募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=550001110&OBJCD=&GROUP

 



 

イルカ | 20:54 | - | -
<< | 3/5PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS